主な生薬名

目次

竜眼肉(りゅうがんにく)

●竜眼肉(りゅうがんにく)

※効能 ・ 効果
ムクロジ科リュウガンの仮種子です。滋養強壮薬として用いられます。

※処方例
加味帰脾湯、帰脾湯

▲ このページの上へ

竜骨(りゅうこつ)

●竜骨(りゅうこつ)

※効能 ・ 効果
大型哺乳類の化石化した骨です。けいれん止めに用いられます。

※処方例
桂枝加竜骨牡蛎湯など

▲ このページの上へ

よく苡仁(よくいにん)

●よく苡仁(よくいにん)

※効能 ・ 効果
イネ科ハトムギの種子です。利尿、消炎、排膿作用などがあります。

※処方例
よく苡仁湯、麻杏よく甘湯など

▲ このページの上へ

竜胆(りゅうたん)

●竜胆(りゅうたん)

※効能 ・ 効果
リンドウ科トウリンドウの根茎です。健胃作用などがあります。

※処方例
立効散、疎経活血湯、竜胆寫肝湯

▲ このページの上へ

益母草(やくもそう)

●益母草(やくもそう)

※効能 ・ 効果
シソ科メハジキの開花地上部です。婦人病薬に用いられます。

※処方例
弓帰調血飲

▲ このページの上へ

良姜(りょうきょう)

●良姜(りょうきょう)

※効能 ・ 効果
ショウガ科リョウキョウの根茎です。鎮静、健胃作用などがあります。

※処方例
安中散

▲ このページの上へ

木香(もっこう)

●木香(もっこう)

※効能 ・ 効果
キク科モッコウの根です。下痢止め、鎮痛作用があります。

※処方例
帰脾湯、参蘇飲、女神散など

▲ このページの上へ

連翹(れんぎょう)

●連翹(れんぎょう)

※効能 ・ 効果
モクセイ科レンギョウの果実です。解毒、消炎作用などがあります。

※処方例
荊芥連翹湯、防風通聖散など

▲ このページの上へ

木通(もくつう)

●木通(もくつう)

※効能 ・ 効果
アケビ科アケビなどの茎です。抗炎症、利尿などの作用があります。

※処方例
通導散、竜胆寫肝湯など

▲ このページの上へ

蓮肉(れんにく)

●蓮肉(れんにく)

※効能 ・ 効果
スイレン科ハスの種子です。鎮静、滋養、強壮作用などがあります。

※処方例
啓脾湯、清心蓮子飲

▲ このページの上へ

麻子仁(まこにん)

●麻子仁(まこにん)

※効能 ・ 効果
クワ科アサの果実です。血糖降下もあり、緩下剤に用いられます。

※処方例
炙甘草湯、麻子仁丸、潤腸湯

▲ このページの上へ

枇杷葉(びわよう)

●枇杷葉(びわよう)

※効能 ・ 効果
バラ科ビワの葉です。せき止め、去痰、吐き気止め、健胃作用があります。

※処方例
辛夷清肺湯

▲ このページの上へ

檳榔子(びんろうじ)

●檳榔子(びんろうじ)

※効能 ・ 効果
ヤシ科ビンロウジの種子です。消化、健胃、駆虫薬に用いられます。

※処方例
九味檳榔湯、女神散

▲ このページの上へ

茯苓(ぶくりょう)

●茯苓(ぶくりょう)

※効能 ・ 効果
サルノコシカケ科マツホドの菌核です。利尿、強壮、抗胃潰瘍、血糖降下、血液凝固抑制、免疫活性化作用があり、多くの処方に配合される生薬の一つです。

※処方例
五苓散、五積散、桂枝茯苓丸、真武湯、茯苓飲など多数

▲ このページの上へ

白朮(びゃくじゅつ)

●白朮(びゃくじゅつ)

※効能 ・ 効果
キク科オケラの根茎です。蒼朮(そうじゅつ)、白朮(びゃくじゅつ)とがあり、体内の水分を正常に保ち、健胃利尿薬として用いられ、血糖降下、抗消化性潰瘍作用があります。

※処方例
二朮湯、半夏白朮天麻湯など

▲ このページの上へ

附子(ぶし)

●附子(ぶし)

※効能 ・ 効果
キンポウゲ科ハナトリカブトなどの塊根です。新陳代謝の促進、鎮痛、強心、抗炎症、血管拡張作用があります。毒性が強いため、塩附子、ほう附子、加工附子などに減毒して用いられます。

※処方例
葛根加朮附湯、桂枝加朮附湯、芍薬甘草附子湯、八味地黄丸、附子人参湯、大防風湯、麻黄附子細辛湯など

▲ このページの上へ

白し (びゃくし)

●白し (びゃくし)

※効能 ・ 効果
セリ科ヨロイグサなどの根です。鎮痛、鎮静作用があります。

※処方例
荊芥連翹湯、五積散など

▲ このページの上へ

防巳(ぼうい)

●防巳(ぼうい)

※効能 ・ 効果
ツヅラフジ科オオツヅラフジの根です。鎮静、利尿、抗アレルギー作用があります。

※処方例
防巳黄蓍湯、疎経活血湯など

▲ このページの上へ

百合(びゃくごう)

●百合(びゃくごう)

※効能 ・ 効果
ユリ科オニユリなどの鱗片です。せき止め、消炎、鎮静作用があります。

※処方例
辛夷清肺湯

▲ このページの上へ

芒硝(ぼうしょう)

●芒硝(ぼうしょう)

※効能 ・ 効果
天然の含水硫酸ナトリウムです。利尿、緩下作用などがあります。

※処方例
大承気湯、大黄牡丹皮湯など

▲ このページの上へ

半夏(はんげ)

●半夏(はんげ)

※効能 ・ 効果
サトイモ科カラスビシャクの塊茎です。水分の新陳代謝の改善、吐き気止め、せき止め、鎮痛、去痰、免疫活性化などの作用があります。

※処方例
小柴胡湯、大柴胡湯、小青竜湯、小半夏加茯苓湯、半夏厚朴湯など多数

▲ このページの上へ

防風(ぼうふう)

●防風(ぼうふう)

※効能 ・ 効果
セリ科ボウフウの根です。解熱、発汗、鎮痛薬として用いられます。

※処方例
大防風湯、清上防風湯など

▲ このページの上へ

薄荷(はっか)

●薄荷(はっか)

※効能 ・ 効果
シソ科ハッカの葉です。発汗、健胃、解熱作用があります。

※処方例
防風通聖散など

▲ このページの上へ

樸ソク(ぼくそく)

●樸ソク(ぼくそく)

※効能 ・ 効果
ブナ科クヌギなどの樹皮です。解毒剤などとして用いられます。

※処方例
治打撲一方

▲ このページの上へ

麦門冬(ばくもんどう)

●麦門冬(ばくもんどう)

※効能 ・ 効果
ユリ科ジャノヒゲなどの根です。消炎、せき止め作用があります。

※処方例
温経湯、麦門冬湯、炙甘草湯など

▲ このページの上へ

牡丹皮(ぼたんぴ)

●牡丹皮(ぼたんぴ)

※効能 ・ 効果
ボタン科ボタンの根皮です。鎮痛、消炎、鎮静作用があります。

※処方例
八味地黄丸、大黄牡丹皮湯など

▲ このページの上へ

麦芽(ばくが)

●麦芽(ばくが)

※効能 ・ 効果
イネ科オオムギの発芽種子です。消化、健胃薬として用いられます。

※処方例
半夏白朮天麻湯

▲ このページの上へ

牡蛎(ぼれい)

●牡蛎(ぼれい)

※効能 ・ 効果
イタボガキ科の貝殻です。制酸、鎮静、利胆薬として利用されます。

※処方例
安中散、柴胡加竜骨牡蛎湯など

▲ このページの上へ

貝母(ばいも)

●貝母(ばいも)

※効能 ・ 効果
ユリ科アミガサユリの鱗茎です。去痰、せき止め作用があります。

※処方例
慈陰至宝湯、清肺湯

▲ このページの上へ

麻黄(まおう)

●麻黄(まおう)

※効能 ・ 効果
マオウ科マオウの仲間の地上茎です。発汗、鎮痛、解熱、せき止め、血圧降下、血糖降下作用などがあります。

※処方例
葛根湯、麻黄湯、麻黄附子細辛湯、麻杏甘石湯など

▲ このページの上へ

忍冬(にんどう)

●忍冬(にんどう)

※効能 ・ 効果
スイカズラ科スイカズラの葉と茎です。解毒、解熱、脂質代謝改善作用などがあります。

※処方例
治頭蒼一方

▲ このページの上へ

陳皮(ちんぴ)

●陳皮(ちんぴ)

※効能 ・ 効果
ミカン科ウンシュウミカンなどの成熟果皮です。健胃薬などに用いられ、芳香性精油成分に、胃腸運動亢進、胃液分泌促進、抗アレルギー作用などがあります。

※処方例
胃苓湯、五積散、香蘇散、啓脾湯、平胃散、補中益気湯など

▲ このページの上へ

猪苓(ちょれい)

●猪苓(ちょれい)

※効能 ・ 効果
サルノコシカケ科チョレイマイタケの菌核です。利尿作用があります。

※処方例
胃苓散、猪苓湯、五苓散など

▲ このページの上へ

天南星(てんなんしょう)

●天南星(てんなんしょう)

※効能 ・ 効果
サトイモ科テンナンショウ属の塊茎です。鎮痛、去痰作用などがあります。

※処方例
二朮湯

▲ このページの上へ

釣藤鉤(ちょうとうこう)

●釣藤鉤(ちょうとうこう)

※効能 ・ 効果
アカネ科カギカズラのトゲです。鎮静、血圧降下作用などがあります。

※処方例
釣藤散、七物降下湯、抑肝散など

▲ このページの上へ

天麻(てんま)

●天麻(てんま)

※効能 ・ 効果
ラン科オニノヤガラの塊茎です。鎮痛、鎮静作用があります。

※処方例
半夏白朮天麻湯

▲ このページの上へ

丁子(ちょうじ)

●丁子(ちょうじ)

※効能 ・ 効果
フトモモ科チョウジの蕾です。健胃薬として用いられます。「丁香(ちょうこう)」とも呼ばれます。

※処方例
治打撲一方、女神散

▲ このページの上へ

天門冬(てんもんどう)

●天門冬(てんもんどう)

※効能 ・ 効果
ユリ科クサスギカズラの種子です。利尿、せき止め作用があります。

※処方例
慈陰降火湯、清肺湯

▲ このページの上へ

知母(ちも)

●知母(ちも)

※効能 ・ 効果
ユリ科ハナスゲの根茎です。血糖降下、解熱作用などがあります。

※処方例
酸棗仁湯、桂芍知母湯など

▲ このページの上へ

冬瓜子(とうがし)

●冬瓜子(とうがし)

※効能 ・ 効果
ウリ科トウガの種子です。抗腫瘍、免疫活性化作用などがあります。

※処方例
大黄牡丹皮湯など

▲ このページの上へ

竹茹(ちくじょ)

●竹茹(ちくじょ)

※効能 ・ 効果
イネ科ハチクなどの青竹の内層です。鎮静、消炎作用などがあります。

※処方例
清肺湯、竹茹温胆湯

▲ このページの上へ

当帰(とうき)

●当帰(とうき)

※効能 ・ 効果
セリ科トウキの根です。婦人病の妙薬として古来より多数処方されてきた重要生薬の一つです。解熱、鎮痛、筋弛緩、血圧降下などの作用があります。

※処方例
温経湯、温清飲、四物湯、十全大補湯、当帰芍薬散、当帰飲子、当帰湯、女神散、防風通聖散など

▲ このページの上へ

沢瀉(たくしゃ)

●沢瀉(たくしゃ)

※効能 ・ 効果
オモダカ科サジオモダカの塊茎です。肝脂肪蓄積抑制、利尿、コレステロール血症改善、尿毒症改善作用などがあります。

※処方例
茵陳五苓散、五苓散、四苓湯、柴苓湯、猪苓湯、八味地黄丸など

▲ このページの上へ

桃仁(とうにん)

●桃仁(とうにん)

※効能 ・ 効果
バラ科モモの種子です。血液凝固抑制作用、抗炎症作用などがあります。

※処方例
桂枝茯苓丸、桃核承気湯など

▲ このページの上へ

大棗(たいそう)


大棗(たいそう)

※効能 ・ 効果
クロウメモドキ科ナツメの果実です。滋養、強壮、抗アレルギー、抗消化性潰瘍、抗ストレス作用などがあります。

※処方例
葛根湯、桂枝湯、小建中湯、小柴胡湯、大柴胡湯、当帰四逆加呉茱萸生姜湯など多数

▲ このページの上へ

杜仲(とちゅう)

●杜仲(とちゅう)

※効能 ・ 効果
トチュウ科トチュウの樹皮です。血圧降下、鎮静作用などがあります。

※処方例
大防風湯

▲ このページの上へ

大黄(だいおう)

●大黄(だいおう)

※効能 ・ 効果
タデ科ダイオウ属の根茎です。強壮体質者の排便促進剤に用いられます。

※処方例
大黄甘草湯、調胃承気湯、大柴胡湯、麻子仁丸、桃核承気湯など

▲ このページの上へ

独活(どっかつ)

●独活(どっかつ)

※効能 ・ 効果
ウコギ科ウドの根茎です。沈静、発汗作用があります。

※処方例
十味敗毒湯

▲ このページの上へ

蘇葉(そよう)

●蘇葉(そよう)

※効能 ・ 効果
シソ科シソの葉です。利尿、発汗、健胃、せき止め作用があります。

※処方例
九味檳榔湯、参蘇飲、香蘇散など

▲ このページの上へ

人参(にんじん)

●人参(にんじん)

※効能 ・ 効果
ウコギ科オタネニンジンの根です。古来より万能薬として用いられてきました。実験的、臨床的に、疲労回復、免疫活性化、抗ストレス、抗炎症、血圧降下、抗胃潰瘍、血糖降下作用などが報告されています。

※処方例
帰脾湯、四君子湯、啓脾湯、小柴胡湯、人参湯、人参養栄湯、六君子湯、補中益気湯など多数

▲ このページの上へ

蘇木(そぼく)

●蘇木(そぼく)

※効能 ・ 効果
マメ科スオウの心材です。高脂血症改善作用などがあります。

※処方例
通導散

▲ このページの上へ

升麻(しょうま)

●升麻(しょうま)

※効能 ・ 効果
キンボウゲ科サクラシナショウマの根茎です。消炎作用などがあります。

※処方例
升麻葛根湯、立効散、乙字湯など

▲ このページの上へ

辛夷(しんい)

●辛夷(しんい)

※効能 ・ 効果
モクレン科コブシなどの蕾です。抗アレルギー作用などがあります。

※処方例
辛夷清肺湯、葛根湯加川弓辛夷

▲ このページの上へ

小麦(しょうばく)

●小麦(しょうばく)

※効能 ・ 効果
イネ科コムギの種子です。止渇、鎮静作用があります。

※処方例
甘麦大棗湯

▲ このページの上へ

神麹(しんぎく)

●神麹(しんぎく)

※効能 ・ 効果
小麦粉などを練り、菌類を生じたものです。健胃作用があります。

※処方例
半夏白朮天麻湯

▲ このページの上へ

生地黄(なまじおう)

●生地黄(なまじおう)

※効能 ・ 効果
ゴマノハグサ科アカヤジオウの根です。生薬の地黄は、一般的に「乾地黄」を指します。血糖降下、血液凝固抑制、利尿作用があります。

※処方例
炙甘草湯

▲ このページの上へ

石膏(せっこう)

●石膏(せっこう)

※効能 ・ 効果
天然の含水硫酸カルシウムです。鎮静、利尿、消炎、解熱作用があります。

※処方例
桔梗石膏、消風散、釣藤散、麻杏甘石湯など

▲ このページの上へ

生姜(しょうきょう)

●生姜(しょうきょう)

※効能 ・ 効果
ショウガ科ショウガの根茎です。現在、皮をはいで乾燥させたものを「生姜」とされていますが、古来の漢方処方では、生の古根を「生姜」とされていました。解熱、鎮静、せき止め、抗けいれん、抗炎症作用などがあります。

※処方例
葛根湯、九味檳榔湯、桂枝湯、香蘇散、呉茱萸湯、柴胡桂枝湯、柴苓湯、炙甘草湯、小建中湯、小柴胡湯、大柴胡湯など

▲ このページの上へ

川弓(せんきゅう)

●川弓(せんきゅう)

※効能 ・ 効果
セリ科センキュウの根茎です。婦人病に多く用いられます。補血、強壮、鎮静、鎮痛、、筋弛緩、抗血栓、末梢血管拡張、免疫活性化作用などがあります。

※処方例
葛根湯川弓辛夷、四物湯、十味敗毒湯、十全大補湯、女神散、川弓茶調散、当帰芍薬散など

▲ このページの上へ

朮(じゅつ)

●朮(じゅつ)

※効能 ・ 効果
キク科オケラの根茎です。蒼朮(そうじゅつ)、白朮(びゃくじゅつ)とがあり、体内の水分を正常に保ち、健胃利尿薬として用いられ、血糖降下、抗消化性潰瘍作用があります。

※処方例
茵陳五苓散、葛根加朮附湯、帰脾湯、啓脾湯、柴苓湯、四君子湯、人参湯、茯苓飲など

▲ このページの上へ

前胡(ぜんこ)

●前胡(ぜんこ)

※効能 ・ 効果
セリ科ノダケなどの根です。解熱、鎮静、鎮痛作用などがあります。

※処方例
参蘇飲

▲ このページの上へ

縮砂(しゅくしゃ)

●縮砂(しゅくしゃ)

※効能 ・ 効果
ショウガ科シュクシャの種子です。健胃、鎮痛作用があります。

※処方例
安中散

▲ このページの上へ

川骨(せんこつ)

●川骨(せんこつ)

※効能 ・ 効果
スイレン科コウホネなどの根茎です。鎮静作用などがあります。

※処方例
治打撲一方

▲ このページの上へ

熟地黄(じゅくじおう)

●熟地黄(じゅくじおう)

※効能 ・ 効果
ゴマノハグサ科アカヤジオウの根です。生地黄を蒸して乾燥したものを「熟地黄」といい、生薬の地黄は、一般的に「乾地黄」を指します。血糖降下、血液凝固抑制、利尿作用があります。

※処方例
荊芥連翹湯、十全大補湯など

▲ このページの上へ

蝉退(ぜんたい)

●蝉退(ぜんたい)

※効能 ・ 効果
蝉の幼虫の抜け殻です。かゆみ止め、解熱作用などがあります。

※処方例
消風散

▲ このページの上へ

車前子(しゃぜんし)

●車前子(しゃぜんし)

※効能 ・ 効果
オオバコ科オオバコの種子です。利尿、消炎、下痢止め作用があります。

※処方例
牛車腎気丸、竜胆寫肝湯など

▲ このページの上へ

蒼朮(そうじゅつ)

●蒼朮(そうじゅつ)

※効能 ・ 効果
キク科オケラの根茎です。体内の水分を正常に保ち、健胃利尿薬として用いられ、血糖降下、抗消化性潰瘍作用があります。

※処方例
胃苓湯、二朮湯、消風湯など

▲ このページの上へ

芍薬(しゃくやく)

●芍薬(しゃくやく)

※効能 ・ 効果
ボタン科シャクヤクの根です。鎮痛、鎮静、けいれん止め、末梢血管拡張、抗アレルギー、抗炎症、免疫活性化、抗消化性潰瘍、胃腸運動促進、筋弛緩、抗菌作用があります。漢方処方に最も配合される生薬の一つです。

※処方例
黄蓍建中湯、葛根湯、桂枝湯、桂枝加芍薬湯、桂枝茯苓丸、芍薬甘草湯、四物湯、小建中湯、十全大補湯、小青竜湯など

▲ このページの上へ

桑白皮(そうはくひ)

●桑白皮(そうはくひ)

※効能 ・ 効果
クワ科クワの根茎です。抗炎症、鎮痛、血圧降下作用があります。

※処方例
五虎湯、清肺湯

▲ このページの上へ

炙甘草(しゃかんぞう)

●寫甘草(しゃかんぞう)

※効能 ・ 効果
甘草をあぶったものです。せき止め、抗消化性潰瘍、抗炎症、胆汁排泄促進、肝障害抑制作用などがあります。

※処方例
炙甘草湯

▲ このページの上へ

山査子(さんざし)

●山査子(さんざし)

※効能 ・ 効果
バラ科サンザシの果実です。鎮痛、消化、下痢止めの作用があります。

※処方例
啓脾湯

▲ このページの上へ

細茶(さいちゃ)

●細茶(さいちゃ)

※効能 ・ 効果
ツバキ科チャの葉を細かくしたものです。興奮作用があります。

※処方例
川弓茶調散

▲ このページの上へ

山梔子(さんしし)

●山梔子(さんしし)

※効能 ・ 効果
アカネ科クチナシとその同属植物の果実です。排便促進、胃液分泌抑制、利胆、鎮痛、消炎、止血作用があります。

※処方例
茵陳蒿湯、五淋散、梔子柏皮湯、黄連解毒湯、竜胆寫肝湯など

▲ このページの上へ

細辛(さいしん)

●細辛(さいしん

※効能 ・ 効果
ウマノスズクサ科ウスバサイシンなどの根と根茎です。解熱、鎮痛、抗アレルギー、利尿、新陳代謝促進作用があります。

※処方例
小青竜湯、立効散、麻黄附子細辛湯、苓甘姜味辛夏仁湯など

▲ このページの上へ

山茱萸(さんしゅゆ)

●山茱萸(さんしゅゆ)

※効能 ・ 効果
ミズキ科サンシュユの果肉です。滋養、強壮、利尿作用があります。

※処方例
六味丸、八味地黄丸、牛車腎気丸

▲ このページの上へ

柴胡(さいこ)

●柴胡(さいこ)

※効能 ・ 効果
セリ科ミシマサイコの根です。解熱、消炎、解毒、鎮痛などの作用があり、重要生薬の一つです。

※処方例
乙字湯、柴胡加竜骨牡蛎湯、柴陥湯、柴胡桂枝乾姜湯、四逆散、小柴胡湯、大柴胡湯など

▲ このページの上へ

山椒(さんしょう)

●山椒(さんしょう)

※効能 ・ 効果
ミカン科サンショウの成熟果皮です。健胃作用があります。

※処方例
当帰湯、大建中湯

▲ このページの上へ

五味子(ごみし)

●五味子(ごみし)

※効能 ・ 効果
マツブサ科チョウセンゴミシの果実です。せき止め効果があります。

※処方例
清暑益気湯、小青竜湯

▲ このページの上へ

酸棗仁(さんそうにん)

●酸棗仁(さんそうにん)

※効能 ・ 効果
クロウメモドキ科のサネブトナツメの種子です。中枢抑制、抗ストレス作用があります。

※処方例
加味帰脾湯、酸棗仁湯、帰脾湯

▲ このページの上へ

胡麻(ごま)

●胡麻(ごま)

※効能 ・ 効果
ゴマ科ゴマの種子です。滋養、強壮の効果があり、油は軟膏基材に用いられます。

※処方例
消風散、紫雲膏

▲ このページの上へ

山薬(さんやく)

●山薬(さんやく)

※効能 ・ 効果
ヤマノイモ科ヤマノイモやナガイモノの皮を除いた根茎です。滋養、強壮、男性ホルモンの増強、下痢止めに効果があります。

※処方例
啓脾湯、六味丸、八味地黄丸、牛車腎気丸

▲ このページの上へ

牛蒡子(ごぼうし)

●牛蒡子(ごぼうし)

※効能 ・ 効果
キク科ゴボウの果実です。解毒、消炎、排膿作用などがあります。

※処方例
柴胡清肝湯、消風散

▲ このページの上へ

地黄(じおう)

●地黄(じおう)

※効能 ・ 効果
ゴマノハグサ科アカヤジオウの根です。生薬の地黄は、一般的に「乾地黄」を指します。血糖降下、血液凝固抑制、利尿作用があります。

※処方例
弓帰調血飲、柴胡清肝湯、牛車腎気湯、四物湯、消風散、疎経活血湯、当帰飲子など

▲ このページの上へ

呉茱萸(ごしゅゆ)

●呉茱萸(ごしゅゆ)

※効能 ・ 効果
ミカン科ゴシュユなどの果実です。鎮痛、保温作用があります。

※処方例
呉茱萸湯、温経湯など

▲ このページの上へ

地骨皮(じこっぴ)

●地骨皮(じこっぴ)

※効能 ・ 効果
ナス科クコの根皮です。解熱、強壮作用があります。

※処方例
慈陰至宝湯、清心蓮子飲

▲ このページの上へ

牛膝(ごしつ)

●牛膝(ごしつ)

※効能 ・ 効果
ヒユ科ヒナタイノコヅチなどの根です。月経促進作用などがあります。

※処方例
牛車腎気丸、疎経活血湯など

▲ このページの上へ

紫根(しこん)

●紫根(しこん)

※効能 ・ 効果
ムラサキ科ムラサキの根です。解毒、解熱、消炎作用があります。

※処方例
紫雲膏

▲ このページの上へ

厚朴(こうぼく)

●厚朴(こうぼく)

※効能 ・ 効果
モクレン科カラホオやホオニキの樹皮です。筋肉の硬直をとる作用、けいれん止め、健胃作用があります。

※処方例
胃苓湯、九味檳榔湯、半夏厚朴湯、平胃散など

▲ このページの上へ

疾梨子(しつりし)

●疾梨子(しつりし)

※効能 ・ 効果
ハマビシ科ハマビシの果実です。けいれん止め作用があります。

※処方例
当帰飲子

▲ このページの上へ

粳米(こうべい)

●粳米(こうべい)

※効能 ・ 効果
うるち米の玄米です。清涼、滋養効果があります。

※処方例
麦門冬湯、白虎加人参湯

▲ このページの上へ

橘皮(きっぴ)

●橘皮(きっぴ)

※効能 ・ 効果
ミカン科コウジなどの成熟果皮です。健胃薬などに用いられます。

※処方例
九味檳榔湯

▲ このページの上へ

菊花(キクカ)

●菊花(キクカ)

※効能 ・ 効果
キク科キクの頭花です。解毒、解熱、消炎薬に用いられます。
 
※処方例
釣藤散

▲ このページの上へ

きょう活(きょうかつ)

●きょう活(きょうかつ)

※効能 ・ 効果
セリ科シンドウの根です。発汗、鎮痛作用があります。

※処方例
川弓茶調散、疎経活血湯など

▲ このページの上へ

枳実(きじつ)

●枳実(きじつ)

※効能 ・ 効果
ミカン科植物の未熟果実です。健胃、去痰、下痢止め、排膿薬などに用いられます。

※処方例
四逆散、大柴胡湯、大承気湯、大柴胡湯去大黄、茯苓飲、麻子仁丸など

▲ このページの上へ

枳殻(きこく)

●枳殻(きこく)

※効能 ・ 効果
ミカン科植物のやや大型の未熟果実です。健胃、去痰、下痢止め、排膿薬などに用いられます。

※処方例
荊芥連翹湯、五積散、潤腸湯など

▲ このページの上へ

杏仁(きょうにん)

●杏仁(きょうにん)

※効能 ・ 効果
バラ科アンズの種子です。去痰、せき止め、整腸作用があります。

※処方例
桂枝加厚朴杏仁湯、麻杏甘石湯、潤腸湯、麻子仁丸など

▲ このページの上へ

苦参(くじん)

●苦参(くじん)

※効能 ・ 効果
マメ科クララの根です。健胃、血圧降下、利尿作用があります。

※処方例
三物黄苓湯、消風散、桂枝加厚朴杏仁湯、麻杏甘石湯、潤腸湯、麻子仁丸など

▲ このページの上へ

桔梗(ききょう)

●桔梗(ききょう)

※効能 ・ 効果
キキョウ科キキョウの根です。排膿、せき止め、去痰、解熱、鎮痛、抗炎症、血糖降下作用などがあります。

※処方例
桔梗石膏、桔梗湯、十味敗毒湯、排毒散及湯など

▲ このページの上へ

荊芥(けいがい)

●荊芥(けいがい)

※効能 ・ 効果
シソ科ケイガイの花穂です。強い香があり、発汗、解毒、解熱、止血、鎮痛、抗炎症、化膿止めの効果があります。

※処方例
荊芥連翹湯、 清上防風湯、消風湯、治頭蒼一方など

▲ このページの上へ

甘草(かんぞう)

●甘草(かんぞう)

※効能 ・ 効果
マメ科カンゾウの仲間の根です。せき止め、抗消化性潰瘍、抗炎症、胆汁排泄促進、肝障害抑制作用などがあり、炙甘草(しゃかんぞう)は、甘草をあぶったものです。

※処方例
甘草湯、甘麦大棗湯、桔梗湯、四逆散など多数

▲ このページの上へ

桂皮(けいひ)

●桂皮(けいひ)

※効能 ・ 効果
クスノキ科ニッケイと、同属植物の樹皮です。桂枝(けいし)ともいい、漢方処方で「桂枝」と聞いたら「桂皮」と考えてよいでしょう。鎮静、解熱、末梢血管拡張、抗血栓、抗炎症、抗アレルギー、抗菌、利尿作用があります。

※処方例
安中散、葛根湯、桂枝葛根湯、桂枝加朮附湯、桂枝湯、桂枝茯苓丸、五積散、牛車腎気丸など

▲ このページの上へ

乾生姜(かんしょうきょう)

●乾生姜(かんしょうきょう)

※効能 ・ 効果
ショウガ科ショウガの根茎です。皮をはいで乾燥させたものを「乾姜」といいます。解熱、鎮静、せき止め、抗けいれん、抗炎症作用などがあります。

※処方例
十味敗毒湯、二朮湯、升麻葛根湯

▲ このページの上へ

乾地黄(かんじおう)

●乾地黄(かんじおう)

※効能 ・ 効果
ショウガ科ショウガの根茎です。解熱、鎮静、せき止め、抗けいれん、抗炎症作用などがあります。

※処方例
弓帰膠艾湯、潤腸湯など

▲ このページの上へ

膠飴(こうい)

●膠飴(こうい)

※効能 ・ 効果
米などを麦芽で糖化させた飴です。滋養、強壮に効果を現します。

※処方例
小建中湯、大建中湯

▲ このページの上へ

乾姜(かんきょう)

●乾姜(かんきょう)

※効能 ・ 効果
ショウガ科ショウガの根茎です。皮をはいで蒸して乾燥させたものを「乾姜」といいます。解熱、鎮静、せき止め、抗けいれん、抗炎症作用などがあります。

※処方例
柴胡桂枝乾姜湯、苓姜朮甘湯など

▲ このページの上へ

紅花(こうか)

●紅花(こうか)

※効能 ・ 効果
キク科ベニバナの管状花です。血流量増加作用などがあります。

※処方例
治頭蒼一方、通導散

▲ このページの上へ

か楼仁(かろにん)

●か楼仁(かろにん)

※効能 ・ 効果
ウリ科キカラスウリの種子です。免疫活性化作用などがあります。

※処方例
柴陥湯

▲ このページの上へ

香附子(こうぶし)

●香附子(こうぶし)

※効能 ・ 効果
カヤツリグサ科ハマスゲの根茎です。鎮痛、抗炎症、子宮弛緩作用があるので、婦人病に多く用いられます。

※処方例
弓帰調血飲、女神散、滋陰至宝湯、香蘇散、川弓茶調散など

▲ このページの上へ

か楼根(かろこん)

●か楼根(かろこん)

※効能 ・ 効果
ウリ科キカラスウリの根です。抗消化性潰瘍作用などがあります。

※処方例
柴胡桂枝乾姜湯、柴胡清肝湯

▲ このページの上へ

桜皮(おうひ)

●桜皮(おうひ)

※効能 ・ 効果
バラ科ヤマザクラなどのサクラの樹皮です。せき止め、解毒作用があります。

※処方例
十味敗毒湯

▲ このページの上へ

黄拍(おうばく)

●黄拍(おうばく)

※効能 ・ 効果
ミカン科キハダあるいはその仲間の樹皮です。健胃、消炎、整腸作用があり、打撲傷、神経痛に用いられます。

※処方例
温清飲、黄連解毒湯、柴胡清肝湯、七物降下湯など

▲ このページの上へ

黄岑(おうごん)

●黄岑(おうごん)

※効能 ・ 効果
シソ科コガネバナの根です。消炎、解熱、利尿作用、抗アレルギー作用、肝障害予防、利胆作用があります。

※処方例
温清飲、黄岑湯、乙字湯、黄連解毒湯、柴陥湯、柴胡加竜骨牡蛎湯など

▲ このページの上へ

黄連(おうれん)

●黄連(おうれん)

※効能 ・ 効果
キンボウゲ科オウレンの根茎です。鎮痛、下痢止め、抗炎症血圧降下、動脈硬化予防、抗炎症に効果を現し、健胃薬に利用されます。

※処方例
温清飲、黄連湯、黄連解毒湯、三黄寫心湯、柴陥湯、半夏寫心湯など

▲ このページの上へ

黄蓍(おうぎ)

●黄蓍(おうぎ)

※効能 ・ 効果
マメ科キバナオウギ、ナイモウオウギなどの根です。止汗、利尿、強壮、末梢血管、血圧降下作用があります。

※処方例
黄蓍建中湯、清暑益気湯、十全大補湯、大防風湯、人参養栄湯、防巳黄蓍湯、補中益気湯など

▲ このページの上へ

遠志(おんじ)

●遠志(おんじ)

※効能 ・ 効果
ヒメハギ科イトヒメハギの根です。鎮痛、去痰作用などがあります。

※処方例
人参養栄湯、帰脾湯など

▲ このページの上へ

延胡索(えんごさく)

●延胡索(えんごさく)

※効能 ・ 効果
ケシ科エンゴサクの仲間の塊茎です。鎮痛作用があります。

※処方例
安中散

▲ このページの上へ

艾葉(がいよう)

●艾葉(がいよう)

※効能 ・ 効果
キク科ヨモギなどの葉です。止血、強壮作用などがあります。

※処方例
弓帰膠艾湯

▲ このページの上へ

烏薬(うやく)

●烏薬(うやく)

※効能 ・ 効果
クスノキ科テンダイウヤクの根です。健胃、鎮痛作用があります。

※処方例
弓帰調血飲

▲ このページの上へ

加工附子(かこうぶし)

●加工附子(かこうぶし)

※効能 ・ 効果
キンプゲ科ハナトリカブトなどの塊根です。新陳代謝の促進、鎮痛、抗炎症、強心、血液拡張作用がある「附子」を減毒して用いられます。

※処方例
葛根加朮附湯、牛車腎気丸、桂枝加朮附湯、芍薬甘草附子湯、真武湯、附子人参湯、八味地黄丸、大防風湯、麻黄附子細辛湯など

▲ このページの上へ

茴香(ういきょう)

●茴香(ういきょう)

※効能 ・ 効果
セリ科ウイキョウの果実です。健胃、去痰作用などがあります。

※処方例
安中散

▲ このページの上へ

何首烏(かしゅう)

●何首烏(かしゅう)

※効能 ・ 効果
タデ科ツルドクダミの塊根です。強壮、緩下剤などに用いられます。

※処方例
当帰飲子

▲ このページの上へ

茵陳蒿(いんちんこう)

●茵陳蒿(いんちんこう)

※効能 ・ 効果
キク科カワラヨモギの花穂です。肝障害改善作用、利胆作用があります。

※処方例
茵陳蒿湯、茵陳五苓散

▲ このページの上へ

葛根(かっこん)

●葛根(かっこん)

※効能 ・ 効果
マメ科クズの根です。発汗、消化管運動亢進作用、解熱、血圧降下、循環器系への作用があります。

※処方例
葛根湯、葛根湯加川弓辛夷、葛根加朮附湯、香蘇散、参蘇飲など

▲ このページの上へ

威霊仙(いれいさん)

●威霊仙(いれいさん)

※効能 ・ 効果
キンボウゲ科センニンソウなどの根茎です。鎮痛作用があります。

※処方例
疎経活血湯、二朮湯

▲ このページの上へ

滑石(かっせき)

●滑石(かっせき)

※効能 ・ 効果
天然の含水ケイ酸アルミニウムです。利尿、消炎作用があります。

※処方例
五淋散、猪苓湯、防風痛聖散など

▲ このページの上へ

阿膠(あきょう)

●阿膠(あきょう)

※効能 ・ 効果
牛、ロバなどの皮を水で煮たニカワです。コラーゲンを含んでおり、止血、強壮剤として用いられます。

※処方例
弓帰膠艾湯、温経湯、 炙甘草湯、猪苓湯合四物湯、猪苓湯

▲ このページの上へ


copyright©漢方辞典 All Rights Reserverd.