漢方用語の意味

目次

利水剤(りすいざい)

利水剤(りすいざい)とは、息切れ、浮腫(むくみ)、手足の冷え・しびれなどの水の異常を改善するときに処方される薬のことをいいます。

五苓散 (ごれいさん)、小半夏加茯苓湯(しょうはんげかぶくりょうとう)、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、木防已湯(もくぼういとう)、意苡仁湯(よくいにんとう)などがあります。

▲ このページの上へ

理気剤(りきざい)

理気剤(りきざい)とは、食欲不振、倦怠感、風邪にかかりやすいなどの症状に処方される薬のことをいいます。

半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)、香蘇散(こうそさん)、平胃散(へいいさん)、二陳湯(にちんとう)、釣藤散(ちょうとうさん)などがあります。

▲ このページの上へ

冷服(れいふく)

冷服(れいふく)とは、煎じ薬のことで、薬を温めて服用せず、冷ました状態で服用する薬のことをいいます。

▲ このページの上へ

冷服可(れいふくか)

冷服可(れいふくか)とは、煎じ薬のことですが、原則的に温めて服用するもので、冷ましても服用できる薬のことをいいます。

▲ このページの上へ

陽明(ようめい)

陽明(ようめい)とは、六腑に属する陽経の一つであり、病気が進み、大量の発汗が見られたり、口の渇きがあるなど、病気の進行度を表すものの一つにもなります。

▲ このページの上へ

六病位(ろくびょうい)

六病位(ろくびょうい)とは、「三陰三陽」ともいい、陰陽の考え方に基づいて病気の進行度を表すものです。太陽、陽明、小陽、太陰、小陰、厥陰の順に悪化していくとされています。

▲ このページの上へ

陽証(ようしょう)

陽証(ようしょう)とは、発揚、興奮、活動、温熱などの性質を持つ病態のことで、陰陽により体質や病気の進行を判断したもののことをいいます。

▲ このページの上へ

脈沈(みゃくちん)

脈沈(みゃくちん)とは、脈診の際に、脈が触れにくく、体の奥に沈んだような感じがするものをいいます。

▲ このページの上へ

脈浮(みゃくふ)

脈浮(みゃくふ)とは、発熱時によく見られるもので、脈診の際に、脈が触れやすく、体の表面に浮いてきたような感じがするものをいいます。

▲ このページの上へ

脈診(みゃくしん)

脈診(みゃくしん)とは、四診の一つで、患者の脈に触り、脈の速度、脈拍数、脈の緊張状態を調べることをいいます。

▲ このページの上へ

瞑眩(めいげん)

瞑眩(めいげん)とは、漢方薬の効果により、体が抵抗力を回復し、病気を攻撃し始めたために起こるものっで、漢方薬の服用中に症状が一時的に悪化する現象のことをいいます。

▲ このページの上へ

末病(みびょう)

末病(みびょう)とは、自他覚的には症状はまだ出ていなくても、病気に向かっている状態をいいます。通常は、末病の段階で、体質改善、体力増進、病気への予防などの対策が行われます。

▲ このページの上へ

問診(もんしん)

問診(もんしん)とは、四診の一つで、質問によって診断することで、患者の現在の症状、経過、これまでにかかった病気の有無、アレルギーの有無などを質問します。

▲ このページの上へ

浮腫(ふしゅ)

浮腫(ふしゅ)とは、一般的に「むくみ」といわれており、細胞の外側に余った水分が増加している状態のことをいいます。水が溜まっている場所によって、病気の重要度や内容も変わってきます。

▲ このページの上へ

腹満(ふくまん)・腹鳴(ふくめい)・腹裏拘急(ふくりこうきゅう)

腹満(ふくまん)・腹鳴(ふくめい)・腹裏拘急(ふくりこうきゅう)

・腹満(ふくまん) … お腹が全体的に張っていること。
・腹鳴(ふくめい) … お腹がゴロゴロと鳴る症状のこと。
・腹裏拘急(ふくりこうきゅう) … 腹診の際に、腹部の筋肉が縦に緊張し張っている状態が見られること。

▲ このページの上へ

聞診(ぶんしん)

聞診(ぶんしん)とは、胃内停水音の有無や、患者の声の力の有無、呼吸、せき、お腹の音、口臭、体臭の有無などを調べることをいいます。

▲ このページの上へ

腹診(ふくしん)

腹診(ふくしん)とは、患者の腹部に触れて診察し、腹部の緊張、弾力性、つかえ感、痛みがあるかなどを診ることをいい、日本の漢方では、とくに重要視されているものとなります。

▲ このページの上へ

補(ほ)

補(ほ)とは、漢方の治療の概念を表しており、体に足りないものを補っていくという治療法のことをいいます。

▲ このページの上へ

表裏(ひょうり)

表裏(ひょうり)とは、漢方で、人体を「3層」に分けた考え方のことです。

・表 … 外側の皮膚、筋肉など。
・半表半裏 … 気管、肺、心臓、肝臓、腎臓など。
・裏 … 消化管

▲ このページの上へ

望診(ぼうしん)

望診(ぼうしん)とは、四診の一つで、視覚によって診断するもので、患者の体格、顔色、肌の状態、動作に表れる精神状態などを診察することをいいます。なお、「舌診」も望診に含まれます。

▲ このページの上へ

熱証(ねっしょう)

熱証(ねっしょう)とは、のぼせ、発汗、平熱が高め、長風呂ができない、夏には冷房が不可欠という等の特徴をもった、熱感のある状態のことをいいます。

▲ このページの上へ

湯液療法(とうえきりょうほう)

湯液療法(とうえきりょうほう)とは、治療をする際に、煎じ薬を用いて行う漢方の治療法のことをいいます。これは、東洋医学の治療法をなります。

▲ このページの上へ

中薬(ちゅうやく)

中薬(ちゅうやく)とは、生薬を配合するときの種別のことで、当帰、芍薬、葛根などの多少の毒も含まれるために、服用には注意して服用する薬のことをいいます。

▲ このページの上へ

湯剤(とうざい)

湯剤(とうざい)とは、体への吸収がよいように、土瓶などに生薬と水を入れて加熱し、生薬の成分を抽出する煎じ薬のことをいいます。

▲ このページの上へ

中間証(ちゅうかんしょう)

中間証(ちゅうかんしょう)とは、「虚実間証(きょじつかんしょう)」とも呼ばれ、虚証と実証の両方の特徴が混ざった中間の状態のことをいいます。

▲ このページの上へ

同病異治(どうびょういち)

同病異治(どうびょういち)とは、同じ病気の治療を受けるとしても、患者により処方される漢方薬が違うということをいいます。

▲ このページの上へ

血の道症(ちのみちしょう)

血の道症(ちのみちしょう)とは、婦人にみられる神経症の一種で、女性の更年期障害や月経不順など、血の異常によって起こる不快症状のことをいいます。

▲ このページの上へ

太陽(たいよう)

太陽(たいよう)とは、六腑に属する陽経の一つであり、感染症などの病気の初期で、脈が触れやすい、頭痛、発熱などの病気の進行度を表すものの一つにもなります。

▲ このページの上へ

中医学(ちゅういがく)

中医学(ちゅういがく)とは、中国の伝統医学に、西洋医学を取り入れ、現代中国伝統医学を目指した医学のことをいいます。

▲ このページの上へ

太陰(たいいん)

太陰(たいいん)とは、五臓に属する陰経の一つですが、病気が悪化し、体の表面に衰弱が現れるなどの病気の進行度を表すものの一つにもなります。

▲ このページの上へ

心下痞硬(しんかひこう)

心下痞硬(しんかひこう)とは、腹診の際に、みぞおちを押すと不快感があり、やや硬く腫れた感じのある状態のことをいいます。

▲ このページの上へ

心下悸(しんかき)

心下悸(しんかき)とは、腹診の際に、みぞおちの下方に触ると、動悸を感じることをいいます。胃の水滞によって起る事が多いです。

▲ このページの上へ

心禍部振水音(しんかぶしんすいおん)

心禍部振水音(しんかぶしんすいおん)とは、「胃内停水(いないていすい)」とも呼ばれており、腹診でみぞおちを軽く叩くと、胃の中にたまった水が音を立てる状態のことをいいます。

▲ このページの上へ

食養(しょくよう)

食養(しょくよう)とは、「食療(しょくりょう)」とも呼ばれており、食物がもつ薬効を利用して行う食事療法のことをいいます。

▲ このページの上へ

鍼灸(しんきゅう)

鍼灸(しんきゅう)とは、近年、女性や老人の間で人気が高まってきていますが、鍼(針)とお灸を利用した治療法のことで、東洋医学の一つとなります。妊婦の逆子直しにも用いられることもあります。

▲ このページの上へ

小陽(しょうよう)

小陽(しょうよう)とは、臓腑・経絡のうち腑に属する陽経の一つのことをいい、病気が進み、めまい、動悸、吐き気など、病気の進行度を表すものの一つにもなります。

▲ このページの上へ

腎虚(じんきょ)

腎虚(じんきょ)とは、精力減退、気力低下、排尿障害、視力低下など、老化に伴う症状のことで、漢方でいう腎(内分泌・泌尿器の働き)が低下した状態のことをいいます。

▲ このページの上へ

上薬(じょうやく)

上薬(じょうやく)とは、甘草、人参、五味子、菊花などの体質強化の働きがある、副作用が少ない生薬のことをいいます。

▲ このページの上へ

水(すい)

水(すい)とは、リンパ、体液、分泌液のことをいい、漢方では「血」以外の全ての水分を、「水(すい)」と呼んでいます。

▲ このページの上へ

小腹不仁(しょうふくふじん)

小腹不仁(しょうふくふじん)とは、「臍下不仁(せいかふじん)」ともいい、虚証の現れであり、足腰や下半身の弱い人やお年よりなどに多く見られるもので、腹部の筋肉が弱く、腹診で下腹部に触れると、柔らかくへこむことをいいます。

▲ このページの上へ

随証治療(ずいしょうちりょう)

随証治療(ずいしょうちりょう)とは、漢方独特の「証」の概念に基づいて、行う治療を「証」に応じたものにすることをいいます。

▲ このページの上へ

小腹硬満(しょうふくこうまん)

小腹硬満(しょうふくこうまん)とは、於血(おけつ)の現れで、女性特有の病気(月経傷害など)や、肝臓の病気で見られることが多く、腹診の際に、お臍(へそ)の下部が硬く腫れ、押すと痛みや抵抗反応が見られることをいいます。

▲ このページの上へ

水毒(すいどく)

水毒(すいどく)とは、水分代謝異常や病因となるような水分のことをいい、口の渇き、むくみ、めまい、立ちくらみ、手足の冷え、胃内低水などの症状が現れます。

▲ このページの上へ

小腹急結(しょうふくきゅうけつ)

小腹急結(しょうふくきゅうけつ)とは、於血(おけつ)の現れで、女性特有の病気(月経傷害など)で見られることが多く、腹診の際に左下腹部を押すと激痛を感じることをいいます。

▲ このページの上へ

臍上悸(せいじょうき)・臍下悸(せいかき)

臍上悸(せいじょうき)とは、腹診の際に、お臍の上部に触ると動悸を感じることをいいます。
臍下悸(せいかき)とは、腹診で、お臍の下に触れると動悸を感じることをいいます。

▲ このページの上へ

小陰(しょういん)

小陰(しょういん)とは、陰陽の考えに基づいた、臓腑・経絡のうち臓に属する陰経の一つです。病気の悪化、内臓の衰弱、痛み、下痢などの症状が現れる、病気の進行度を表すものの一つともなります。

▲ このページの上へ

接診(せっしん)

接診(せっしん)とは、患者の体に触れて行う四診の一つです。

●接診
脈診 … 脈を診る。
腹診 … お腹を診る。

▲ このページの上へ

証(しょう)

証(しょう)とは、漢方独特の考え方で、陰陽、虚実、気・血・水などの概念をものさしにして、患者の体質や、病態の特徴を表すものです。

▲ このページの上へ

舌診(ぜつしん)

舌診(ぜつしん)とは、患者の舌の色、舌苔、歯型のあとによって起こるむくみの有無などを診察することをいいます。

▲ このページの上へ

寫(しゃ)

寫(しゃ)とは、体の中で、余っているものを取り去る治療法のことです。漢方の治療の概念を現します。

▲ このページの上へ

舌苔(ぜったい)

舌苔(ぜったい)とは、舌についている苔状のものをいい、病邪の性質や部位などを推測する手がかりにします。健康な人にはありませんが、消化器症状がある人には、白苔、熱性疾患がある人には、黄苔が現れることがあります。

▲ このページの上へ

実証(じっしょう)

実証(じっしょう)とは、体や見かけや程度の強さ、大きさ、多さなど、生理機能が高まっている状態のことをいいます。また、外からの病邪侵入、ストレス、体内から病理産物としての発病因子が生まれ、それらの病邪が引き起こす病変のことをいうときもあるようです。

▲ このページの上へ

煎じ薬(せんじぐすり)

煎じ薬(せんじぐすり)とは、身体えの吸収を良くするために、お湯で煎じて服用する薬のことをいいます。

▲ このページの上へ

四診(ししん)

四診(ししん)とは、漢方の診察法のことで、望診、聞診、問診、接診の4つを指しています。

望診 … 体格、舌、顔、皮膚、大小便など見て診断。
聞診 … 言葉、呼吸、口臭、体臭などで診断。
問診 … 自覚症状、病歴、生活など問い診断。
切診 … 脈、腹などに触れて診断。

▲ このページの上へ

胸脇苦満(きょうきょうくまん)

胸脇苦満(きょうきょうくまん)とは、喘息で、肝臓などの病気がある人に多く見られますが、腹診の際に、みぞおちから肋骨にかけて不快感や、押すと痛みなどの抵抗反応が見られることをいいます。

▲ このページの上へ

虚実(きょじつ)

虚実(きょじつ)とは、体力や体の抵抗力を判断する指標で、体に必要不可欠な基本物質や機能が不足した状態を「虚」、体に必要はなく、害を与える発病因子を「実」とされます。

▲ このページの上へ

気の上衡(じょうしょう)

気の上衡(じょうしょう)とは、「気逆」ともいい、頭から足へ流れる気の流れが、逆流した状態のことをいいます。

▲ このページの上へ

虚実間証(きょじつかんしょう)

虚実間証(きょじつかんしょう)とは、「中間証」とも呼ばれ、虚証と実証の両方の特徴が混ざった中間の状態のことをいいます。

▲ このページの上へ

気滞(きたい)

気滞(きたい)とは、精神的な落ち込みと、胸のむかつき、腹の張りなどの症状がある状態で、「気」の流れが滞っていることをいいます。

▲ このページの上へ

気功(きこう)

気功(きこう)とは、最近では、ひそかに人気が高まっていますが、呼吸を整え、気を養い、体内にめぐらせることで心身の働きを活性化する健康法のことをいいます。

▲ このページの上へ

虚証(きょしょう)

虚証(きょしょう)とは、体力がなく、生理機能や抵抗力が低下した状態のことをいい、病態によって気虚・陽虚・血虚・陰虚に分類されます。

▲ このページの上へ

気虚(ききょ)

気虚(ききょ)とは、疲労倦怠感、食欲不振、泥状便、息切れ、脈無力などの症状が見られるような、気の働き(推動・温煦・防御・固摂・気化)が不足した状態のことをいいます。

▲ このページの上へ

駆於血剤(くおけつざい)

駆於血剤(くおけつざい)とは、於血が原因となった様々な症状や疾患を治す薬のことをいい、桃核承気湯(とうかくじょうきとう)、通導散(つうどうさん)などがあります。

▲ このページの上へ

気逆(きぎゃく)

気逆(きぎゃく)とは、頭から足へ流れる気の流れが、逆流した状態のことをいいます。上半身ののぼせ、下半身の冷えなどの症状がみられます。

▲ このページの上へ

血(けつ)

血(けつ)とは、血液のことです。漢方では、「気」によって体にめぐらされている液体のことを「血」といいます。

▲ このページの上へ

気うつ

気うつとは、憂鬱な気分、お腹が張る、胸やけがする…などの症状が見られ、「気」の流れが滞っている状態のことをいいます。

▲ このページの上へ

血虚(けっきょ)

血虚(けっきょ)とは、顔色不良、口舌が淡白、爪・毛髪につやがない、ふらつき、視力減退などの症状が見られる、血が不足している状態(貧血)のことを指します。

▲ このページの上へ

気(き)

気(き)は、漢方では、人間の生命エネルギーそのものを指しており、いうなれば、体の機能をコントロールする精微物質のことです。

▲ このページの上へ

血実(けつじつ)

血実(けつじつ)とは、「血」が多い状態のことを指し、充血しているときのことをいいます。

▲ このページの上へ

寒熱(かんねつ)

寒熱(かんねつ)とは、冷えのある場合を「寒」、のぼせ状態を「熱」といい、漢方の「証」で、冷感・熱感のことをいいます。

▲ このページの上へ

厥陰(けっちん)

厥陰(けっちん)とは、陰陽の考えに基づき、病気の進行を表すもので、臓腑・経絡の三陰経の一つです。

▲ このページの上へ

寒証(かんしょう)

寒証(かんしょう)とは、冷感のある状態で、体を丸めて寝るなどの特徴が見られます。

▲ このページの上へ

下薬(げやく)

下薬(げやく)とは、大黄(だいおう)、半夏(はんげ)、桔梗などの作用が強く、副作用に気をつけなければならない生薬のことをいいます。

▲ このページの上へ

合方(ごうほう)

合方(ごうほう)とは、複数の漢方処方を合わせて使用することをいい、通常は、重複する生薬は多い分量の処方に順じることになっています。

▲ このページの上へ

加減方(かげんほう)

加減方(かげんほう)とは、症状に応じて、処方中の生薬を去ったり(減方)、新たに加えたり(加方)して、煎じ薬を調整することをいいます。

▲ このページの上へ

悪心(おしん) ・ 温服(おんぷく)

悪心(おしん)とは、気持ちが悪くなり、吐き気を催すことをいいます。
温服(おんぷく)とは、煎薬を温め、服用することをいいます。

▲ このページの上へ

陰陽(いんよう)

陰陽(いんよう)とは、体質や病気の進行を判断する指標です。

●陰
緩和、静止、内向、下降、寒冷、暗、女性
●陽
激烈、運動、外向、上昇、温熱、明、男性

▲ このページの上へ

陰陽五行(いんようごぎょう)

陰陽五行(いんようごぎょう)とは、陰と陽の気と、木・火・土・金・水の五行の動きで、宇宙が支配されているという、中国古来からの世界観のことをいいます。

▲ このページの上へ

陰証(いんしょう)

陰証(いんしょう)とは、寒がる、顔色が悪い、手足の冷えなど、病気によって代謝機能が低下している状態で、陰陽によって病気の進行を判断したものをいいます。

▲ このページの上へ

悪寒(おかん)

悪寒(おかん)とは、体にひどい寒気を感じることをいい、風とは関係なく起こります。

▲ このページの上へ

胃病同治(いびょうどうち)

胃病同治(いびょうどうち)とは、同じ漢方処方が、ときにはAという病気に用い、またときにはBという病気に用いるということをいいます。

▲ このページの上へ

於血(おけつ)

於血(おけつ)とは、一般で言う血行障害のようなもので、生理的機能を失ったり、滞った血のことをいいます。口の渇き、下腹部痛、色素沈滞、目の下のくま、月経傷害などの症状が見られます。

▲ このページの上へ

胃内停水(いないていすい)

胃内停水(いないていすい)とは、心禍部振水音ともいい、腹診の際にみぞおちを指先で軽く叩いて、胃の中に水がたまってる音を確認することをいいます。

▲ このページの上へ


copyright©漢方辞典 All Rights Reserverd.