病気と漢方

目次

アトピー性皮膚炎に効く漢方 -虚証-

■虚証
・十全大補湯
体力回復、免疫力回復、慢性湿疹、かゆみなどに効果を現します。
・黄蓍建中湯
虚弱児の体質改善に効果を現し、とくに寝汗や皮膚のつやに有効です。
・小建中湯
経過敏、疲労、食欲不振、子供の体質改善、ぜんそく発作に効果を現します。
・桂枝加黄蓍湯
体質虚弱、寝汗、足の冷え、発熱、寒気、湿った発疹に効果を現します。

▲ このページの上へ

アトピー性皮膚炎に効く漢方 -中間証-

■中間証
・十味敗毒湯
初期の皮膚疾患、湿疹、じんましん、水虫、アレルギー性湿疹などに効果を現します。
・柴胡桂枝湯
インフルエンザ、風邪、胃腸炎、胸のつかえ、発汗に効果を現します。
・五苓散
急性胃腸炎によるのどの渇き、吐き気、尿量減少、嘔吐、腹痛、下痢、頭痛、水滞などに効果を現します。
・温清飲
月経不順、更年期障害、血の道症、のぼせ、皮膚の乾燥、出血に効果を現します。
・柴胡清肝湯
慢性胃腸病、神経症、体質虚弱、カンの強い子供に効果を現します。

▲ このページの上へ

アトピー性皮膚炎に効く漢方 -実証-

■実証
・消風散
慢性じんましん、かゆみの強い慢性の皮膚疾患などに効果を現します。
・黄連解毒湯
動悸、胸の苦しさ、めまい、皮膚炎、発疹などの症状に効果を現します。
・葛根湯
風邪症候群、扁桃炎、蓄膿症、結膜炎、頭痛、首肩のこりに効果を現します。
・白虎加人参湯
のどがよく渇き、発熱をともなう病気、皮膚炎、湿疹に効果を現します。
・越婢加朮湯
アトピー性皮膚炎、湿疹、むくみ、尿が出にくいなどの腎炎の症状がある場合に効果を現します。

▲ このページの上へ

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎の症状としては、かゆみのあるブツブツやジクジク、苔のような湿疹あり、アレルギー反応の1つで、アレルゲン(原因物質)によって、皮膚に炎症を起こすのが特徴となります。アトピーとは、ギリシャ語で「奇妙な」を意味しており、現在でもアトピー性皮膚炎の詳細はまだ解明されていません。

治療法には、塗り薬や抗アレルギー剤による標準的な薬物療法、食事療法、ダニ除去などの環境整備、 心理面のサポート、ステロイド離脱、PUVAなどの光線療法、入浴療法などがあります。

漢方での治療の際には、体力の差、皮膚の状態、年齢、関連症状をみて選ばれます。慢性化しているときは、漢方が適しているようです。

▲ このページの上へ

にきび・おできに効く漢方 -虚証-

■虚証
・当帰芍薬散
体質虚弱な女性の貧血、月経不順、更年期障害、動悸、シミ、にきび、しもやけなどに効果を現します。

▲ このページの上へ

にきび・おできに効く漢方 -中間証-

■中間証
・桂枝茯苓丸
頻尿、多尿、のぼせ、下腹部痛、頭痛、於血(おけつ)、にきび、湿疹、じんましんなどに効果を現します。
・荊芥連翹湯
手や足の裏に汗をかきやすい人のにきび、蓄膿症、慢性鼻炎、扁桃腺の炎症に効果を現します。
・十味敗毒湯
にきび、水虫、急性湿疹、アレルギー性湿疹などに効果を現します。

▲ このページの上へ

にきび・おできに効く漢方 -実証-

■実証
・桃核承気湯
比較的体力のある人の高血圧にともなう症状、にきび、湿疹などに効果を現します。
・清上防風湯
にきび、湿疹、化膿した湿疹、赤い鼻に効果を現します。

▲ このページの上へ

にきび・おでき

にきびは、顔面などの毛包に皮脂が詰まり、細菌が感染してできます。
おできは、皮膚の感染症の一つであり、ブドウ球菌が毛穴から侵入し、毛包全体に感染して炎症を起し、赤く腫れます。最初は痛みがありますが、盛り上がった塊から膿が出ると、治ります。

皮脂をよく落とすことでニキビ予防となり、皮膚を清潔にすることがおできの予防となります。

漢方では、「熱」ととらえられ、熱を冷ます処方がされます。

▲ このページの上へ

主婦湿疹・肌荒れに効く漢方 -虚証-

■虚証
・当帰飲子
湿疹、かゆみ、高齢者のかゆみの改善に効果を現します。
・温経湯
月経不順、月経困難症、更年期障害、口渇、下腹部の痛みと冷え、おりもの、下痢、頭痛、腰痛、肩こり、肌荒れ、しもやけなどに効果を現します。

▲ このページの上へ

主婦湿疹・肌荒れに効く漢方 -中間証-

■中間証
・温清飲
月経不順、更年期障害、血の道症、のぼせ、皮膚の乾燥、出血に効果を現します。
・桂枝茯苓丸
頻尿、多尿、のぼせ、下腹部痛、頭痛、於血(おけつ)などに効果を現します。
・紫雲膏
痔核による痛み、肛門裂傷、外傷、やけど、湿疹、あかぎれ、あせもなどに効果を現します。

▲ このページの上へ

主婦湿疹・肌荒れに効く漢方 -実証-

■実証
・大柴胡湯
便秘がちの高血圧症に用いられ、胸脇苦満、頭痛、肩こり、便秘に効果を現します。

▲ このページの上へ

主婦湿疹・肌荒れ

主婦湿疹は、水、洗剤、化粧品、食品成分の刺激などで皮膚が乾燥し、赤くむける症状です。肌荒れは、肌のつやがなくなり、表面がかさついたり、ガサガサに荒れてしまう症状をいいます。

予防としては、原因になる刺激物質を遠ざけ、体力・抵抗力をつけることが第一となります。

漢方では、於血(おけつ)の現われとされ、付随の症状を見て、処方が選ばれます。

▲ このページの上へ

発疹・じんましんに効く漢方 -虚証-

■虚証
・真武湯
風邪、下痢、手足の冷え、動悸、胃内低水、じんましんに効果を現します。
・香蘇散
初期の風邪、胃腸虚弱、神経質、不眠、腹痛、吐き気、じんましんに効果を現します。

▲ このページの上へ

発疹・じんましんに効く漢方 -中間証-

■中間証
・茵陳五苓散
じんましん、浮腫、二日酔い、肝炎などで口が渇く症状に効果を現します。
・茵陳蒿湯
肝炎、肝硬変、ネフローゼ、じんましんに効果を現します。
・升麻葛根湯
各種の皮膚疾患に効果を現します。

▲ このページの上へ

発疹・じんましんに効く漢方 -実証-

■実証
・葛根湯
風邪症候群、扁桃炎、蓄膿症、結膜炎、頭痛、首肩のこり、じんましんに効果を現します。
・消風散
慢性じんましん、かゆみの強い慢性の皮膚疾患などに効果を現します。
・桂枝茯苓丸
頻尿、多尿、のぼせ、下腹部痛、頭痛、於血(おけつ)、じんましん、ニキビなどに効果を現します。

▲ このページの上へ

発疹・じんましん

発疹は、皮膚や粘膜に現れる色や形の病的変化であり、痛み、かゆみが強いもの、固くなりものなどさまざまです。じんましんは、赤くて平らな発疹が広がり、強いかゆみが生じます。

発疹やじんましんの予防には、原因となる刺激物を遠ざけるか、体質を改善することから始めなければいけません。

なお、漢方は、慢性じんませんのちりょうを得意としており、症状に応じて処方されます。

▲ このページの上へ

パーキーソン病に効く漢方 -虚証-

■虚証
・真武湯
風邪、下痢、手足の冷え、動悸、胃内低水に効果を現します。
・当帰芍薬散
体質虚弱な女性の貧血、月経不順、更年期障害、動悸に効果を現します。
・釣藤散
慢性的な頭痛、耳鳴り、イライラ、不眠、神経質、のぼせに効果を現します。
・八味地黄丸
糖尿病、動脈硬化、高血圧、低血圧、疲労、冷え、しびれ、浮腫、尿量減少などに効果を現します。
・補中益気湯
風邪、胃腸の働き、貧血、手足のだるさ、食欲不振、痩せなどに効果を現します。
・六君子湯
食欲不振、疲労感、貧血、冷えに効果を現します。

▲ このページの上へ

パーキーソン病に効く漢方 -中間証-

■中間証
・抑肝散
認知症やパーキーソン病にともなう不眠、寝つきが悪い、神経過敏、興奮、怒りっぽい、まぶたや顔の筋肉のけいれんに効果を現します。

▲ このページの上へ

パーキーソン病に効く漢方 -実証-

■実証
・黄連解毒湯
パーキンソン病にともなう精神症状、動悸、胸の苦しさ、めまいなどの症状に効果を現します。

▲ このページの上へ

パーキーソン病

パーキーソン病の初期症状は、動いていなくても小刻みに手が震えたり、細かい動作がスムーズにできなくります。
進行すると、顔や首の筋肉が固くなり、曲げることも困難となり、表情も無表情に見えるようになります。筋肉の硬化が進むと、転倒しやすくなります。

漢方は、症状や副作用の緩和、初期症状の解消に有効とされています。

▲ このページの上へ

てんかんに効く漢方 -虚証-

■虚証
・抑肝散
認知症にともなう不眠、寝つきが悪い、神経過敏、興奮、怒りっぽい、まぶたや顔の筋肉のけいれんに効果を現します。
・甘麦大棗湯
自律神経失調症、神経症、悲観的な言葉、興奮、不安などに効果を現します。
・抑肝散加陳皮半夏
体質虚弱、神経過敏、不眠症、夜泣きに効果を現します。

▲ このページの上へ

てんかんに効く漢方 -中間証-

■中間証
・桂枝加竜骨牡蛎湯
動悸、息切れ、疲れ、不安、イライラ、不眠、臍の周辺の動悸に効果を現します。
・柴胡桂枝湯
インフルエンザ、風邪、胃腸炎、胸のつかえ、発汗に効果を現します。
・小柴胡湯
長引く風邪、慢性疾患による食欲不振、倦怠感、せきに効果を現します。

▲ このページの上へ

てんかんに効く漢方 -実証-

■実証
・柴胡加竜骨牡蛎湯
てんかん、動悸、神経症、精神不安、不眠、胸脇苦満、のぼせに効果を現します。

▲ このページの上へ

てんかん

てんかんとは種々の病因に基づき、脳の神経細胞に突然一過性に過剰な電気の発作放電が起こってしまい、それがある範囲以上に広がっててんかん発作が生じ、その発作が繰り返して起こる慢性の病気であります。意識障害が急発し、けいれん、頭痛、腹痛などが発作に前後して起こることがあります。

漢方では、肝の陽気の通剰ととらえられ、それを抑えるための処方が行われます。

▲ このページの上へ

脳卒中後遺症に効く漢方 -虚証-

■虚証
・大防風湯
関節の腫れ、痛み、まひ、こわばりなどに効果を現します。
・疎経活血湯
関節痛、神経痛、腰から足にかけての痛みと冷えに効果を現します。
・真武湯
風邪、下痢、手足の冷え、動悸、胃内低水に効果を現します。

▲ このページの上へ

脳卒中後遺症に効く漢方 -実証-

■実証
・三黄寫心湯
高血圧によって起こるのぼせ、赤ら顔になる人の耳鳴りに効果を現します。
・大柴胡湯
便秘がちの高血圧症に用いられ、胸脇苦満、頭痛、肩こり、便秘に効果を現します。
・黄連解毒湯
動悸、胸の苦しさ、めまいなどの症状に効果を現します。
・桃核承気湯
比較的体力のある人の高血圧にともなう症状に効果を現します。

▲ このページの上へ

脳卒中後遺症

脳卒中後遺症の症状には、①半身不随の運動麻痺、②言語障害、③知覚障害、④知能低下、⑤精神障害 があげられます。後遺症の障害や程度は、出血や梗塞で死滅した脳神経の場所や規模により異なります。

漢方では、しびれ、けいれんなどの症状の改善とともに、於血(おけつ)を改善する処方が行われます。

▲ このページの上へ

変形性膝関節症に効く漢方 -虚証-

■虚証
・八味地黄丸
糖尿病、動脈硬化、高血圧、低血圧、疲労、冷え、しびれ、浮腫、尿量減少などに効果を現します。
・防巳黄蓍湯
色白、水太りの人の疲れ、浮腫、発汗、腎炎、ネフローゼ症候群に効果を現します。
・大防風湯
関節の腫れ、痛み、まひ、こわばりなどに効果を現します。

▲ このページの上へ

変形性膝関節症に効く漢方 -中間証-

■中間証
・越婢加朮湯
変形性膝関節症、関節リウマチ、むくみ、尿が出にくいなどの腎炎の症状がある場合に効果を現します。
・桂枝茯苓丸
頻尿、多尿、のぼせ、下腹部痛、頭痛、於血(おけつ)などに効果を現します。

▲ このページの上へ

変形性膝関節症に効く漢方 -実証-

■実証
・桃核承気湯
比較的体力のある人の高血圧にともなう症状、関節の痛み、腫れ、便秘、於血(おけつ)症状に効果を現します。

▲ このページの上へ

変形性膝関節症

膝関節は、構造上3つの関節に分かれおり、脛骨大腿関節(太ももの骨とすねの骨との関節)で2つの関節(内側と外側)、大腿膝蓋関節(太ももの骨とお皿)の計3関節からできています。

加齢や体重増加により、膝が曲がらず、正座ができない、歩行ができないなどの症状がおき、進行すると関節が変形して半月板や靭帯が損傷することになります。

漢方では、水毒と考えられ、水を除く処方が施されます。

▲ このページの上へ

神経痛に効く漢方 -虚証-

■虚証
・当帰芍薬散
体質虚弱な女性の貧血、月経不順、更年期障害、動悸に効果を現します。
・当帰湯
冷え性、血色不良、胸から背中にかけての痛み、狭心症、心臓神経症に効果を現します。
・桂枝加朮附湯
神経痛、関節痛、肩こり、手足のまひ、冷えに効果を現します。
・疎経活血湯
関節痛、神経痛、腰から足にかけての痛みと冷えに効果を現します。
・苓桂朮甘湯
血圧異常、自律神経失調症、めまい、立ちくらみ、神経質に効果を現します。

▲ このページの上へ

神経痛に効く漢方 -中間証-

■中間証
・五積散
更年期障害、神経痛、冷え性、疲労、胃腸虚弱などに効果を現します。
・芍薬甘草湯
腎結石、膀胱結石で筋肉のけいれんにともなう激痛に効果を現します。

▲ このページの上へ

神経痛に効く漢方 -実証-

■実証
・葛根加朮附湯
肩周辺の神経の激痛、五十肩、腕の関節痛などに効果を現します。
・葛根湯
風邪症候群、扁桃炎、蓄膿症、結膜炎、頭痛、首肩のこりに効果を現します。

▲ このページの上へ

神経痛

神経痛とは、何らかの原因により末梢神経が刺激され、その神経に沿った部分に、急激な激痛が走る病気のことです。鋭い痛みが、顔面、わき腹、腰から足にかけて起こります。末梢神経が刺激される理由には、①脊椎や脊髄などに異常があること、②その周辺の変形などにより痛みを感じる知覚神経が圧迫されることが考えられています。

漢方では、水毒や於血(おけつ)によるものとして考えられ、対応されます。

▲ このページの上へ

関節リウマチに効く漢方 -虚証-

■虚証
・大防風湯
関節の腫れ、痛み、まひ、こわばりなどに効果を現します。
・防巳黄蓍湯
色白、水太りの人の疲れ、浮腫、発汗、腎炎、ネフローゼ症候群に効果を現します。
・真武湯
風邪、下痢、手足の冷え、動悸、胃内低水に効果を現します。
・八味地黄丸
糖尿病、動脈硬化、高血圧、低血圧、疲労、冷え、しびれ、浮腫、尿量減少などに効果を現します。
・桂枝加朮附湯
神経痛、関節痛、肩こり、手足のまひ、冷えに効果を現します。
・疎経活血湯
関節痛、神経痛、腰から足にかけての痛みと冷えに効果を現します。

▲ このページの上へ

関節リウマチに効く漢方 -中間証-

■中間証
・桂枝茯苓丸
頻尿、多尿、のぼせ、下腹部痛、頭痛、於血(おけつ)などに効果を現します。
・五積散
更年期障害、神経痛、冷え性、疲労、胃腸虚弱などに効果を現します。
・柴苓湯
消炎、抗アレルギー作用のある小柴胡湯と、浮腫をとる五苓散を組み合わせたもので、腸炎に効果を現します。

▲ このページの上へ

関節リウマチに効く漢方 -実証-

■実証
・麻黄湯
初期の風邪、気管支炎、関節リウマチに効果を現します。
・越婢加朮湯
むくみ、尿が出にくいなどの腎炎の症状がある場合に効果を現します。
・葛根湯
風邪症候群、扁桃炎、蓄膿症、結膜炎、頭痛、首肩のこりに効果を現します。
・桃核承気湯
比較的体力のある人の高血圧にともなう症状、関節リウマチに効果を現します。

▲ このページの上へ

関節リウマチ

関節リウマチは、全身の関節に起こる慢性の炎症性の疾患となります。最初は手の指や足の指の関節が腫れて痛み、朝起きるとこわばって動かなくなります。進行すると関節にまで広がり、しこりができるようになります。また、心臓、肺、消化管、腎臓、神経などに炎症が及ぶことがある病気です。

ステロイドの強い薬の使用量を減らすため、漢方薬が併用されたりします。

▲ このページの上へ

肩こり・五十肩に効く漢方 -虚証-

■虚証
・当帰芍薬散
体質虚弱な女性の貧血、月経不順、更年期障害、動悸に効果を現します。
・桂枝加朮附湯
神経痛、関節痛、肩こり、手足のまひ、冷えに効果を現します。
・桂枝加苓朮附湯
尿量減少、浮腫、関節痛、神経痛に効果を現します。

▲ このページの上へ

肩こり・五十肩に効く漢方 -中間証-

■中間証
・桂枝茯苓丸
頻尿、多尿、のぼせ、下腹部痛、頭痛、於血(おけつ)などに効果を現します。
・芍薬甘草湯
腎結石、膀胱結石で筋肉のけいれんにともなう激痛に効果を現します。
・五積散
更年期障害、神経痛、冷え性、疲労、胃腸虚弱などに効果を現します。
・二朮湯
五十肩、肩腕の痛み、水太りに効果を現します。

▲ このページの上へ

肩こり・五十肩に効く漢方 -実証-

■実証
・大柴胡湯
便秘がちの高血圧症に用いられ、胸脇苦満、頭痛、肩こり、便秘に効果を現します。
・葛根湯
風邪症候群、扁桃炎、蓄膿症、結膜炎、頭痛、首肩のこりに効果を現します。

▲ このページの上へ

肩こり・五十肩

肩こりは、首筋から肩、背中の筋肉が固くなったりこわばったりする状態で、頭痛やめまいなどの症状がでることがあります。五十肩(四十肩)は、腕を上げたり、背中に腕を回そうとすると関節が痛み、動きが止まってしまう状態をいいます。

五十肩は老化現象の一つであり、長引く肩こりは病気がもととなり起こっていることがあるので一度病院に受診することをすすめます。

漢方では、水毒や於血(おけつ)が原因で起こるものとされ、症状に応じた対処がされます。

▲ このページの上へ

腰痛に効く漢方 -虚証-

■虚証
・八味地黄丸
糖尿病、動脈硬化、高血圧、低血圧、疲労、冷え、しびれ、浮腫、尿量減少などに効果を現します。
・牛車腎気丸
体質虚弱、高齢者の頻尿、手足の冷え・痛み、排尿障害、精力減退、腰痛に効果を現します。
・疎経活血湯
関節痛、神経痛、腰から足にかけての痛みと冷えに効果を現します。
・当帰芍薬散
体質虚弱な女性の貧血、月経不順、更年期障害、動悸に効果を現します。

▲ このページの上へ

腰痛に効く漢方 -中間証-

■中間証
・芍薬甘草湯
腎結石、膀胱結石で筋肉のけいれんにともなう激痛に効果を現します。
・桂枝茯苓丸
頻尿、多尿、のぼせ、下腹部痛、頭痛、於血(おけつ)などに効果を現します。
・五積散
更年期障害、神経痛、冷え性、疲労、胃腸虚弱などに効果を現します。

▲ このページの上へ

腰痛に効く漢方 -実証-

■実証
・桃核承気湯
比較的体力のある人の高血圧にともなう症状、腰痛、下腹部の抵抗感、足腰の冷えに効果を現します。

▲ このページの上へ

腰痛

腰痛には、①筋肉や靭帯の炎症②ぎっくり腰、椎間板ヘルニア、変形性脊椎症など③内臓疾患などによって引き起こされるものです。

筋肉や靭帯の炎症から起こる痛みは鈍痛が、ぎっくり腰やヘルニアから起こる痛みは激痛が走ります。
腰痛は運動不足がちな人に起こりやすく、腰痛にならないためにも適度な運動を心がけるべきですが、激痛が続くときは安静を保ち、痛みが引いたら筋や腱を鍛えるようにしましょう。

漢方では、慢性的な腰痛に処方が施されます。

▲ このページの上へ

尿失禁に効く漢方 -虚証-

■虚証
・半夏厚朴湯
頻尿、神経過敏、白衣性高血圧の人に効果を現します。(※白衣性とは、病院で血圧を測定するときに緊張して数値が高くなるものです)
・八味地黄丸
糖尿病、動脈硬化、高血圧、低血圧、疲労、冷え、しびれ、浮腫、尿量減少などに効果を現します。
・小建中湯
神経過敏、疲労、食欲不振、子供の体質改善、ぜんそく発作に効果を現します。
・清心蓮子飲
泌尿器の慢性疾患からくる残尿感、頻尿、冷え、倦怠感、口渇などに効果を現します。
・補中益気湯
風邪、胃腸の働き、貧血、手足のだるさ、食欲不振、痩せなどに効果を現します。
・牛車腎気丸
体質虚弱、高齢者の頻尿、手足の冷え・痛み、排尿障害、精力減退、腰痛に効果を現します。

▲ このページの上へ

尿失禁に効く漢方 -中間証-

■中間証
・四逆散
腹痛、下痢、胸脇苦満、手足の冷えに効果を現します。
・竜胆寫肝湯
尿道炎、膀胱炎などの泌尿器の炎症全般に効果を現します。
・五苓散
急性胃腸炎によるのどの渇き、吐き気、尿量減少、嘔吐、腹痛、下痢、頭痛、水滞などに効果を現します。

▲ このページの上へ

尿失禁

尿失禁とは尿道を閉じ膀胱が拡張していく尿貯留時に尿の排出が起こってしまう症状です。簡単に言うと、「意志に反してもれる」「尿意がないのにもれる」状態です。
中高年や、出産を経験している人が多くなり、ちょっとお腹に力を加えただけで「あれ?」ともれていまします。
漢方では、腎虚によって起こるものとされ、腎機能低下を改善することを目的に処方されます。

▲ このページの上へ

糖尿病に効く漢方 -虚証-

■虚証
・牛車腎気丸
体質虚弱、高齢者の頻尿、手足の冷え・痛み、排尿障害、精力減退、腰痛に効果を現します。
・八味地黄丸
糖尿病、動脈硬化、高血圧、低血圧、疲労、冷え、しびれ、浮腫、尿量減少などに効果を現します。
・柴胡桂枝乾姜湯
やせ、血色不良、動悸、息切れ、貧血、疲労、冷え性、神経過敏、不眠、寝汗などの症状に効果を現します。
・六味丸
高血圧症、動脈硬化、自律神経失調症、腰から足への脱力感、足のしびれ、排尿障害、疲労に効果を現します。
・四君子湯
慢性胃炎、胃腸虚弱、胃もたれ、血色不良、痩せ、食欲不振、吐き気、嘔吐、胃内低水などに効果を現します。

▲ このページの上へ

糖尿病に効く漢方 -中間証-

■中間証
・柴苓湯
消炎、抗アレルギー作用のある小柴胡湯と、浮腫をとる五苓散を組み合わせたもので、腸炎に効果を現します。
・桂枝茯苓丸
頻尿、多尿、のぼせ、下腹部痛、頭痛、於血(おけつ)などに効果を現します。
・柴苓湯
消炎、抗アレルギー作用のある小柴胡湯と、浮腫をとる五苓散を組み合わせたもので、腸炎に効果を現します。
・五苓散
急性胃腸炎によるのどの渇き、吐き気、尿量減少、嘔吐、腹痛、下痢、頭痛、水滞などに効果を現します。

▲ このページの上へ

糖尿病に効く漢方 -実証-

■実証
・大柴胡湯
便秘がちの高血圧症に用いられ、胸脇苦満、頭痛、肩こり、便秘に効果を現します。
・白虎加人参湯
のどがよく渇き、発熱をともなう病気に効果を現します。
・防風通聖散
体力のある肥満気味の人の高血圧にともなう症状に効果を現します。

▲ このページの上へ

糖尿病

糖尿病とは、インスリンの作用が低下したために生じる代謝異常で、食べ物などによって体外から得られた栄養素がうまく利用されず血液中のブドウ糖が異常に多くなってしまう病気です。
糖尿病は大きく分けて1型、2型に分類されます。1型は、膵臓のインスリンを作っている細胞が壊され、インスリンがほとんど出なくなることにより起こる糖尿病で、日本の5~10%の糖尿病がこのタイプとなります。2型は、成人に多い糖尿病で、インスリンの量が少なかったり、作用が弱いことから、ブドウ糖がうまく処理されないために起こる糖尿病です。

漢方では於血(おけつ)により生じるものと考えられ、症状に応じて対応されます。

▲ このページの上へ

痛風に効く漢方 -虚証-

■虚証
・牛車腎気丸
体質虚弱、高齢者の頻尿、手足の冷え・痛み、排尿障害、精力減退、腰痛に効果を現します。
・防巳黄蓍湯
色白、水太りの人の疲れ、浮腫、発汗、腎炎、ネフローゼ症候群に効果を現します。
・大防風湯
関節の腫れ、痛み、まひ、こわばりなどに効果を現します。
・疎経活血湯
関節痛、神経痛、腰から足にかけての痛みと冷えに効果を現します。

▲ このページの上へ

痛風に効く漢方 -実証-

■実証
・防風通聖散
体力のある肥満気味の人の高血圧にともなう症状に効果を現します。
・大柴胡湯
便秘がちの高血圧症に用いられ、胸脇苦満、頭痛、肩こり、便秘に効果を現します。
・越婢加朮湯
むくみ、尿が出にくいなどの腎炎の症状がある場合に効果を現します。

▲ このページの上へ

痛風

痛風とは、風が吹いても痛い!と言われるほどの激痛を伴う病気であるので、この名前が付けられました。原因は、高尿酸血症によって発作部位に尿酸が蓄積されて引き起こされます。

痛風の特徴には、①足の親指の付け根に突然激烈な痛みが出て赤くはれあがる。 ②膝や足関節にでることもある。 ③1週間位で発作は消失するが、何度も繰り返して起こる。 ④男性に多く、尿酸値が高い…ということが上げられます。

漢方では、於血(おけつ)と水毒によって引き起こされるものと考えられ、症状に合った処方がなされます。

▲ このページの上へ

甲状腺機能障害効く漢方 -虚証-

■虚証
・甘麦大棗湯
自律神経失調症、神経症、悲観的な言葉、興奮、不安などに効果を現します。
・柴胡桂枝乾姜湯
やせ、血色不良、動悸、息切れ、貧血、疲労、冷え性、神経過敏、不眠、寝汗などの症状に効果を現します。
・炙甘草湯
不整脈、動悸、息切れ、貧血、浮腫、疲労感、甲状腺機能障害に効果を現します。
・桂枝加竜骨牡蛎湯
動悸、息切れ、疲れ、不安、イライラ、不眠、臍の周辺の動悸に効果を現します。

▲ このページの上へ

甲状腺機能障害効く漢方 -中間証-

■中間証
・四逆散
腹痛、下痢、胸脇苦満、手足の冷え、甲状腺機能障害に効果を現します。

▲ このページの上へ

甲状腺機能障害に効く漢方 -実証-

■実証
・柴胡加竜骨牡蛎湯
動悸、神経症、精神不安、不眠、胸脇苦満、甲状腺機能亢進症に効果を現します。

▲ このページの上へ

甲状腺機能障害

甲状腺機能障害には、甲状腺機能亢進症と甲状腺機能低下症の二種類があります。亢進症では体力消耗、低下症では代謝が低下します。

治療法としては、亢進症は、メルカゾールと言う薬でホルモン分泌を抑えます。低下症は、ホルモン剤を飲むことで、ホルモンの分泌を促します。
しかし、亢進症を完治させる治療法は今のところありません。

▲ このページの上へ

神経症に効く漢方 -虚証-

■虚証
・抑肝散
認知症にともなう不眠、寝つきが悪い、神経過敏、興奮、怒りっぽい、まぶたや顔の筋肉のけいれんに効果を現します。
・甘麦大棗湯
自律神経失調症、神経症、悲観的な言葉、興奮、不安などに効果を現します。

▲ このページの上へ

神経症に効く漢方 -中間証-

■中間証
・加味逍遥散
更年期障害の症状の解消に効果を現します。
・四逆散
腹痛、下痢、胸脇苦満、手足の冷えに効果を現します。

▲ このページの上へ

神経症に効く漢方 -実証-

■実証
・桃核承気湯
比較的体力のある人の高血圧にともなう症状に効果を現します。
・柴胡加竜骨牡蛎湯
動悸、神経症、精神不安、不眠、胸脇苦満に効果を現します。

▲ このページの上へ

神経症

神経症とは、何となく心の具合がスムーズにいかない。悩みがなかなか心の中から消えない。でも、「精神病」でもない…そんな程度の軽い心の障害のことを指します。
かつてはノイローゼとも呼ばれ、神経症がひとくくりにされて呼ばれていましたが、現在では、神経症性障害、ストレス関連障害、身体表現性障害に分類されます。

漢方では、気の流れの滞りと考えられ、精神症状を読み取って対応されます。

▲ このページの上へ

うつ・自律神経失調症に効く漢方 -虚証-

■虚証
・柴胡桂枝乾姜湯
やせ、血色不良、動悸、息切れ、貧血、疲労、冷え性、神経過敏、不眠、寝汗などの症状に効果を現します。
・香蘇散
初期の風邪、胃腸虚弱、神経質、不眠、腹痛、吐き気に効果を現します。
・加味帰脾湯
認知症にともなう不眠、精神症状、神経症、貧血、自律神経失調症、精神不安、動悸、寝汗、倦怠感に効果を現します。

▲ このページの上へ

うつ・自律神経失調症に効く漢方 -中間証-

■中間証
・柴朴湯
気管支炎、風邪、ぜんそく、食欲不振、倦怠感、せきに効果を現します。
・半夏厚朴湯
頻尿、気分のふさぎ、不安、白衣性高血圧の人に効果を現します。(※白衣性とは、病院で血圧を測定するときに緊張して数値が高くなるものです)

▲ このページの上へ

うつ・自律神経失調症に効く漢方 -実証-

■実証
・大承気湯
腹部の張り、便が固いなどの症状に効果を現します。
・女神
のぼせ、頭痛、めまい、動悸、産前産後に効果を現します。
・柴胡加竜骨牡蛎湯
動悸、神経症、精神不安、不眠、胸脇苦満に効果を現します。

▲ このページの上へ

うつ・自律神経失調症

うつ病とは、いつまでも気分がゆううつで元気が出ない状態が続く状態をいい、うつ状態が長引くと、「自分はダメな人間だ」「生きている価値がない」などと考えるようになったり、物事を決められなくなったり、実行できなくなったりして、わずかなきっかけで自殺を図ったりすることもあります。
自律神経失調症とは、不規則な生活や習慣などが原因で、身体を働かせる自律神経のバランスが乱れるためにおこる様々な身体の不調のことをいいます。

うつ病には周囲の支援が必要となり、失調症は更年期女性に多く見られる病気です。

漢方では、これらを於血(おけつ)、血虚、気うつ、気虚などに関連して起こるものと見なされ、症状にあわせて処方が施されます。

▲ このページの上へ

不眠症に効く漢方 -虚証-

■虚証
・加味帰脾湯
認知症にともなう不眠、精神症状、神経症、貧血、自律神経失調症、精神不安、動悸、寝汗、倦怠感に効果を現します。
・抑肝散
認知症にともなう不眠、寝つきが悪い、神経過敏、興奮、怒りっぽい、まぶたや顔の筋肉のけいれんに効果を現します。
・加味逍遥散
更年期障害の症状の解消に効果を現します。
・帰脾湯
胃潰瘍、下血に効果を現します。

▲ このページの上へ

不眠症に効く漢方 -実証-

■実証
・三物黄岑湯
更年期障害、自律神経失調症、神経症、不眠、口渇、手足のほてりなどに効果を現します。
・黄連解毒湯
動悸、胸の苦しさ、めまいなどの症状に効果を現します。
・柴胡加竜骨牡蛎湯
動悸、神経症、精神不安、不眠、胸脇苦満に効果を現します。

▲ このページの上へ

不眠症

不眠症とは、睡眠時間の長さによって判断されるものではなく、朝起床した際にだるさや眠気といった不快感を持ち一日の日常生活を行う上で支障をきたす程度によって判断されます。騒音、環境の変化、高血圧、脳動脈硬化、呼吸器の病気、頭痛、歯痛、カフェインの摂取などの原因のわかるものと、不安、心配、恐怖心などが原因で起こるものとがあります。

漢方には、睡眠を誘発するものはありませんが、全身状態の不調や心身のアンバランスと考えられるので、そこを改善する目的の処方が施されます。

▲ このページの上へ

更年期障害に効く漢方 -虚証-

■虚証
・苓桂朮甘湯
血圧異常、自律神経失調症、めまい、立ちくらみ、神経質に効果を現します。
・温経湯
月経不順、月経困難症、更年期障害、口渇、下腹部の痛みと冷え、おりもの、下痢、頭痛、腰痛、肩こりに効果を現します。
・抑肝散
認知症にともなう不眠、寝つきが悪い、神経過敏、興奮、怒りっぽい、まぶたや顔の筋肉のけいれんに効果を現します。
・柴胡桂枝乾姜湯
やせ、血色不良、動悸、息切れ、貧血、疲労、冷え性、神経過敏、不眠、寝汗などの症状に効果を現します。
・半夏白朮天麻湯
低血圧症、胃腸虚弱、足の冷え、めまいなどの緩和に効果を現します。

▲ このページの上へ

更年期障害に効く漢方 -中間証-

■中間証
・桂枝茯苓丸
頻尿、多尿、のぼせ、下腹部痛、頭痛、於血(おけつ)などに効果を現します。
・温清飲
月経不順、更年期障害、血の道症、のぼせ、皮膚の乾燥、出血に効果を現します。
・加味逍遥散
更年期障害の症状の解消に効果を現します。
・女神散
のぼせ、頭痛、めまい、動悸、産前産後に効果を現します。
・川弓茶調散
初期の風邪、頭痛、突発性の頭痛、めまい、寒気、発熱などに効果を現します。
・五積散
更年期障害、神経痛、冷え性、疲労、胃腸虚弱などに効果を現します。
・甘麦大棗湯
自律神経失調症、神経症、悲観的な言葉、興奮、不安などに効果を現します。

▲ このページの上へ

更年期障害に効く漢方 -実証-

■実証
・桃核承気湯
比較的体力のある人の高血圧にともなう症状に効果を現します。
・三黄寫心湯
高血圧によって起こるのぼせ、赤ら顔になる人の耳鳴りに効果を現します。
・黄連解毒湯
動悸、胸の苦しさ、めまいなどの症状に効果を現します。
・柴胡加竜骨牡蛎湯
動悸、神経症、精神不安、不眠、胸脇苦満に効果を現します。
・通導散
高血圧で耳鳴りがあり、みぞおちの不快感、便秘に効果を現します。
・三物黄岑湯
更年期障害、自律神経失調症、神経症、不眠、口渇、手足のほてりなどに効果を現します。

▲ このページの上へ

更年期障害

更年期とは、閉経年齢をはさんだ前後の約10年間を指し、更年期を迎えた女性は、漠然とした不安感にかられたり、突然顔がのぼせたりと、今までには感じなかったような、心と体に関するさまざまな変化が起きはじめます。これを更年期障害といいます。

主な症状には、動悸、めまい、のぼせ、頭痛、肩こり、不眠、疲労感、冷え、腰痛、便秘、イライラ、憂鬱などがあげられ、人によって症状はさまざまです。

漢方では、血の道症と呼び、於血(おけつ)によって引き起こされるものと考えられています。

▲ このページの上へ

骨粗しょう症に効く漢方 -虚証-

骨粗しょう症は、骨の密度が減り、骨折しやすい状態のことをいいます。

■虚証
・八味地黄丸
糖尿病、動脈硬化、高血圧、低血圧、疲労、冷え、しびれ、浮腫、尿量減少などに効果を現します。
・十全大補湯
体力回復、免疫力回復に効果を現します。
・清暑益気湯
暑気あたりによる食欲不振に効果を現します。
・補中益気湯
風邪、胃腸の働き、貧血、手足のだるさ、食欲不振、痩せなどに効果を現します。

▲ このページの上へ

月経不順・月経痛に効く漢方 -虚証-

■虚証
・当帰芍薬散
体質虚弱な女性の貧血、月経不順、更年期障害、動悸に効果を現します。
・弓帰膠艾湯
痔出血などの主に下半身の出血治療に効果を現します。
・温経湯
月経不順、月経困難症、更年期障害、口渇、下腹部の痛みと冷え、おりもの、下痢、頭痛、腰痛、肩こりに効果を現します。

▲ このページの上へ

月経不順・月経痛に効く漢方 -中間証-

■中間証
・芍薬甘草湯
腎結石、膀胱結石で筋肉のけいれんにともなう激痛、月経痛に効果を現します。
・桂枝茯苓丸
頻尿、多尿、のぼせ、下腹部痛、頭痛、於血(おけつ)などに効果を現します。
・温清飲
月経不順、更年期障害、血の道症、のぼせ、皮膚の乾燥、出血に効果を現します。

▲ このページの上へ

月経不順・月経痛に効く漢方 -実証-

■実証
・桃核承気湯
比較的体力のある人の高血圧にともなう症状、月経困難症、更年期障害に効果を現します。
・通導散
高血圧で耳鳴りがあり、みぞおちの不快感、便秘、月経不順、更年期障害に効果を現します。

▲ このページの上へ

月経不順・月経痛

一般的な月経の周期は約25日~38日周期です。この範囲よりも短かったり、長かったり多すぎたり少なすぎたりした場合は、月経不順とされます。
月経痛は、月経時、あるいはその直前に強い下腹部痛や腰痛が生じる状態です。また、月経痛に加えて、頭痛、不快感、吐き気、イライラなどの症状がある場合は、月経困難症と呼ばれます。

原因としては、子宮の卵巣の病気によるものと、ストレス性のものがあり、症状が強い場合は、鎮痛薬やホルモン療法などを行います。

漢方では、於血(おけつ)によるものとされ、症状に合わせ処方されます。

▲ このページの上へ

がん術後愁訴に効く漢方 -虚証-

■虚証
・六君子湯
食欲不振、疲労感、貧血、冷えに効果を現します。
・黄蓍建中湯
虚弱児の体質改善に効果を現し、とくに寝汗や皮膚のつやに有効です。
・補中益気湯
風邪、胃腸の働き、貧血、手足のだるさ、食欲不振、痩せなどに効果を現します。
・四君子湯
慢性胃炎、胃腸虚弱、胃もたれ、血色不良、痩せ、食欲不振、吐き気、嘔吐、胃内低水などに効果を現します。
・人参養栄湯
慢性疾患、体力改善、免疫力増強に効果を現します。
・十全大補湯
体力回復、免疫力回復に効果を現します。
・人参湯
つわり、胃炎、食欲不振、胃痛、胃もたれ、手足の冷え、尿量増加などに効果を現します。
・大建中湯
腸の蠕動(ぜんどう)運動の異常、手足、腹部の冷え、膨満感、腹痛などに効果を現します。

▲ このページの上へ

がん術後愁訴に効く漢方 -中間証-

■中間証
・半夏寫心湯
食欲不振、みぞおちのつかえ、吐き気、軽い腹痛に効果を現します。
・小柴胡湯
長引く風邪、慢性疾患による食欲不振、倦怠感、せきに効果を現します。

▲ このページの上へ

がん術後愁訴

がん術後愁訴には、手術の傷口の痛みに以外に切除された臓器や気管の機能喪失にともなう苦痛や違和感も入ります。また、再発予防のために行われる放射線による粘膜や皮膚のただれ、やけどの痛み、身体的苦痛も無視はできません。

漢方には、がん細胞を萎縮させたり、破壊するような処方はないので、抗がん剤の副作用の軽減や、がんに対する抵抗力、体力を回復させる目的での処方が施されます。

▲ このページの上へ

発熱に効く漢方 -虚証-

■虚証
・麻黄附子細辛湯
気管支炎、風邪、鼻水、めまい、頭痛、手足の冷え、倦怠感に効果を現します。
・桂枝湯
初期の風邪、頭痛、微熱、寒気、関節痛に効果を現します。
・柴胡桂枝乾姜湯
やせ、血色不良、動悸、息切れ、貧血、疲労、冷え性、神経過敏、不眠、寝汗などの症状に効果を現します。
・香蘇散
初期の風邪、胃腸虚弱、神経質、不眠、腹痛、吐き気に効果を現します。

▲ このページの上へ

発熱に効く漢方 -中間証-

■中間証
・小柴胡湯
長引く風邪、慢性疾患による食欲不振、倦怠感、せきに効果を現します。
・柴胡桂枝湯
インフルエンザ、風邪、胃腸炎、胸のつかえ、発汗に効果を現します。

▲ このページの上へ

発熱に効く漢方 -実証-

■実証
・麻黄湯
初期の風邪、気管支炎に効果を現します。
・葛根湯
風邪症候群、扁桃炎、蓄膿症、結膜炎、頭痛、首肩のこりに効果を現します。
・白虎加人参湯
のどがよく渇き、発熱をともなう病気に効果を現します。
・黄連解毒湯
動悸、胸の苦しさ、めまいなどの症状に効果を現します。

▲ このページの上へ

発熱

発熱とは、病気に伴い体温が通常より高いレベルに調節されている状態のことを指します。平熱より体温が上がると発熱状態とされ、39度以上の高熱を出すと、発汗、寒気、震え、意識障害などが起こることがあります。

発熱したときはまず安静にすることが大切なのは言うまでもありません。全身状態が悪化したら早急に医師の診断を仰ぎましょう。また、高齢者は平熱が低めで、悪化しても高熱にならないことが多いので注意が必要となり、乳幼児は、急変しやすく発熱も見逃されやすいので要注意です。

▲ このページの上へ

疲労感に効く漢方 -虚証-

■虚証
・加味帰脾湯
認知症にともなう不眠、精神症状、神経症、貧血、自律神経失調症、精神不安、動悸、寝汗、倦怠感に効果を現します。
・十全大補湯
体力回復、免疫力回復に効果を現します。
・牛車腎気丸
体質虚弱、高齢者の頻尿、手足の冷え・痛み、排尿障害、精力減退、腰痛に効果を現します。
・清暑益気湯
暑気あたりによる食欲不振に効果を現します。
・小建中湯
神経過敏、疲労、食欲不振、子供の体質改善、ぜんそく発作に効果を現します。
・六君子湯
食欲不振、疲労感、貧血、冷えに効果を現します。
・人参養栄湯
慢性疾患、体力改善、免疫力増強に効果を現します。

▲ このページの上へ

疲労感

疲労感が強く、休眠・休息をとったとしてもだるさが取れなかったり、活力が沸いてこない場合は、まず病気の始まりだと思ってもよいでしょう。
ただし、休みや睡眠をとらずに緊張や負担の大きな仕事を続けると、疲労も慢性化することを覚えておく必要があります。

強い疲労感が現れる病気には、低血圧、貧血、心不全、糖尿病、肝炎、肝硬変、悪性腫瘍、甲状腺の病気、うつ病、神経症、更年期障害などがあります。

漢方では、気虚と関連しているとされ、これが続くと、於血(おけつ)や水毒が起こります。

▲ このページの上へ

痩せに効く漢方 -虚証-

■虚証
・六君子湯
食欲不振、疲労感、貧血、冷えに効果を現します。
・補中益気湯
風邪、胃腸の働き、貧血、手足のだるさ、食欲不振、痩せなどに効果を現します。
・四君子湯
慢性胃炎、胃腸虚弱、胃もたれ、血色不良、痩せ、食欲不振、吐き気、嘔吐、胃内低水などに効果を現します。
・人参湯
つわり、胃炎、食欲不振、胃痛、胃もたれ、手足の冷え、尿量増加などに効果を現します。
・十全大補湯
体力回復、免疫力回復に効果を現します。
・清暑益気湯
暑気あたりによる食欲不振に効果を現します。

▲ このページの上へ

痩せに効く漢方 -中間証-

■中間証
・半夏寫心湯
食欲不振、みぞおちのつかえ、吐き気、軽い腹痛に効果を現します。
・柴苓湯
消炎、抗アレルギー作用のある小柴胡湯と、浮腫をとる五苓散を組み合わせたもので、腸炎に効果を現します。
・小柴胡湯
長引く風邪、慢性疾患による食欲不振、倦怠感、せきに効果を現します。

▲ このページの上へ

痩せ

体重を身長の二乗で割った数値が18.5未満の場合は、一般的に「痩せている」とされます。しかし体重が少なくても、とくに体に支障がなく、元気であればさほど心配する必要はないでしょう。

痩せを誘発する病気には、糖尿病、消化器の病気、肺結核、悪性腫瘍、甲状腺機能亢進症、慢性腎炎、神経性食思不振症、うつ病などがあげられます。

漢方の処方では、臓器の機能を正常化させたり、栄養の合成や代謝を活発にすることに重点をおかれます。

▲ このページの上へ

虚弱体質に効く漢方 -虚証-

■虚証
・桂枝加黄蓍湯
体質虚弱、寝汗、足の冷え、発熱、寒気に効果を現します。
・黄蓍建中湯
虚弱児の体質改善に効果を現し、とくに寝汗や皮膚のつやに有効です。
・小建中湯
神経過敏、疲労、食欲不振、子供の体質改善、ぜんそく発作に効果を現します。
・六君子湯
食欲不振、疲労感、貧血、冷えに効果を現します。
・柴胡桂枝乾姜湯
やせ、血色不良、動悸、息切れ、貧血、疲労、冷え性、神経過敏、不眠、寝汗などの症状に効果を現します。
・柴胡清肝湯
慢性胃腸病、神経症、体質虚弱、カンの強い子供に効果を現します。
・抑肝散加陳皮半夏
体質虚弱、神経過敏、不眠症、夜泣きに効果を現します。
・苓桂朮甘湯
体質虚弱、自律神経失調症、めまい、ふらつき、立ちくらみ、神経症に効果を現します。

▲ このページの上へ

虚弱体質に効く漢方 -中間証-

■中間証
・小柴胡湯
長引く風邪、慢性疾患による食欲不振、倦怠感、せきに効果を現します。
・柴胡桂枝湯
インフルエンザ、風邪、胃腸炎、胸のつかえ、発汗に効果を現します。
・五苓散
急性胃腸炎によるのどの渇き、吐き気、尿量減少、嘔吐、腹痛、下痢、頭痛、水滞などに効果を現します。

▲ このページの上へ

虚弱体質

虚弱体質の特徴として、元気がなく、疲れやすく、皮膚が青白く、風邪をひきやすい、お腹をこわしたり、すぐに発熱する、神経質で情緒不安定などがあげられます。
受診してもとくに病気が見当たらないために、治療も対症療しかありません。

原因としては、体の働きを支える自律神経や内分泌、免疫機能が不十分であることと、精神的、身体的ストレスがあげられます。
漢方では、気虚、於血(おけつ)、水毒が重なった症状と考えられ、その改善を目指し処方されます。

▲ このページの上へ

虚弱児に効く漢方 -虚証-

■虚証
・半夏白朮天麻湯
低血圧症、胃腸虚弱、足の冷え、めまいなどの緩和に効果を現します。
・黄蓍建中湯
虚弱児の体質改善に効果を現し、とくに寝汗や皮膚のつやに有効です。
・人参湯
つわり、胃炎、食欲不振、胃痛、胃もたれ、手足の冷え、尿量増加などに効果を現します。

▲ このページの上へ

虚弱児に効く漢方 -中間証-

■中間証
・小柴胡湯
長引く風邪、慢性疾患による食欲不振、倦怠感、せきに効果を現します。
・五苓散
急性胃腸炎によるのどの渇き、吐き気、尿量減少、嘔吐、腹痛、下痢、頭痛、水滞などに効果を現します。
・小青竜湯
気管支ぜんそく、小児ぜんそく、アレルギー性の痰や鼻水、くしゃみ、激しいせき、喘鳴などに効果を現します。
・柴胡桂枝湯
インフルエンザ、風邪、胃腸炎、胸のつかえ、発汗に効果を現します。

▲ このページの上へ

虚弱児

虚弱児の特徴として、元気がなく、きゃしゃで、皮膚が青白く、風邪をひきやすい、お腹をこわしたり、痛がり、夜泣き、チック、夜驚症、イライラが強いなどのがあげられます。
受診してもとくに病気が見当たらないために、治療も対症療しかありません。

原因としては、体の働きを支える自律神経や内分泌、免疫機能が不十分であることと、精神的、身体的ストレスがあげられます。
漢方では、気虚、於血(おけつ)、水毒が重なった症状と考えられ、その改善を目指し処方されます。

▲ このページの上へ

認知症に効く漢方 -虚証-

■虚証
・当帰芍薬散
体質虚弱な女性の貧血、月経不順、更年期障害、動悸に効果を現します。
・加味帰脾湯
認知症にともなう不眠、精神症状、神経症、貧血、自律神経失調症、精神不安、動悸、寝汗、倦怠感に効果を現します。
・抑肝散
認知症にともなう不眠、寝つきが悪い、神経過敏、興奮、怒りっぽい、まぶたや顔の筋肉のけいれんに効果を現します。
・加味温胆湯
不眠、抑うつ気分、物忘れに効果を現します。

▲ このページの上へ

認知症に効く漢方 -中間証-

■中間証
・釣藤散
慢性的な頭痛、耳鳴り、イライラ、不眠、神経質、のぼせ、高血圧、動脈硬化に効果を現します。

▲ このページの上へ

認知症に効く漢方 -実証-

■実証
・黄連解毒湯
動悸、胸の苦しさ、めまい、認知症、脳血管障害、神経症などの症状に効果を現します。

▲ このページの上へ

認知症

認知症状とは、正常であった脳の知的な働きが、生まれてからしばらくたってから起きたいろいろな病気によって、持続的に低下した状態のことをいいます。
健忘症の域を越え、「朝何を食べたのか」「自分の子供の名前」「植物の識別」もできなくなっていまします。

脳内の神経伝達物質の減少や神経細胞の萎縮などの原因で起こる「アルツハイマー病」とは違うということを覚えておきましょう。

初期の認知症には漢方が適しているとされ、精神症状の改善に効果を現します。

▲ このページの上へ

つわりに効く漢方 -虚証-

■虚証
・当帰芍薬散
体質虚弱な女性の貧血、月経不順、更年期障害、動悸に効果を現します。
・人参湯
つわり、胃炎、食欲不振、胃痛、胃もたれ、手足の冷え、尿量増加などに効果を現します。
・桂枝人参湯
慢性胃腸炎、神経過敏、疲労、食欲不振などに効果を現します。

▲ このページの上へ

つわりに効く漢方 -中間証-

■中間証
・茯苓飲合半夏厚朴湯
胃炎、不安症状、のどのつかえ感、胃の膨満感、胸やけ、吐き気などに効果を現します。
・半夏厚朴湯
つわり、のどの異常感、神経症、白衣性高血圧の人に効果を現します。(※白衣性とは、病院で血圧を測定するときに緊張して数値が高くなるものです)
・五苓散
急性胃腸炎によるのどの渇き、吐き気、尿量減少、嘔吐、腹痛、下痢、頭痛、水滞などに効果を現します。

▲ このページの上へ

つわりに効く漢方 -実証-

■実証
・小半夏加茯苓湯
つわり、吐き気、嘔吐、みぞおちのつかえ、めまい、動悸、口渇、胃内低水などに効果を現します。

▲ このページの上へ

つわり

つわりとは、妊娠6週ころから生じる、嘔吐・吐き気・イライラ・めまい・倦怠感などの症状のことです。とくに重いつわりを「妊娠悪阻」と呼ばれ、病気という風に扱われます。
ホルモンの分泌の変化や妊娠による精神的ストレスによって起こると考えられていますが、詳細は謎のままです。
漢方では、水・気のバランスが崩れ起こるものと考えられ、体質や体力に応じた処方が施されます。

▲ このページの上へ

膀胱炎・尿道炎に効く漢方 -虚証-

■虚証
・八味地黄丸
糖尿病、動脈硬化、高血圧、低血圧、疲労、冷え、しびれ、浮腫、尿量減少などに効果を現します。
・清心蓮子飲
泌尿器の慢性疾患からくる残尿感、頻尿、冷え、倦怠感、口渇などに効果を現します。
・当帰芍薬散
体質虚弱な女性の貧血、月経不順、更年期障害、動悸に効果を現します。
・猪苓湯合四物湯
前立腺肥大、尿道炎、膀胱炎、残尿感、排尿困難、尿量減少に効果を現します。

▲ このページの上へ

膀胱炎・尿道炎に効く漢方 -中間証-

■中間証
・五苓散
急性胃腸炎によるのどの渇き、吐き気、尿量減少、嘔吐、腹痛、下痢、頭痛、水滞などに効果を現します。
・猪苓湯
泌尿器の炎症、排尿痛、排尿困難、尿量減少、血尿、残尿感効果を現します。
・五淋散
慢性的な尿路の炎症、頻尿、排尿痛、残尿、尿の濁り、血尿に効果を現します。

▲ このページの上へ

膀胱炎・尿道炎に効く漢方 -実証-

■実証
・大黄牡丹皮湯
下腹部痛をともなう便秘、月経不順、月経困難、更年期障害に効果を現します。
・竜胆寫肝湯
尿道炎、膀胱炎などの泌尿器の炎症全般に効果を現します。

▲ このページの上へ

膀胱炎・尿道炎

尿道炎は、大腸菌などの細菌が侵入し炎症を起こす病気で、膀胱炎は、炎症が膀胱で起こる病気です。
排尿痛があり、症状が進行すると、尿の色が濁ったり、血尿が出ることがあります。また、頻尿にもなりやすくなります。

排尿痛や血尿で発生に気づくことができるので、すぐに病院で検査をして適切な処置をしてもらいましょう。放っておくと腎盂炎になる可能性が出てきます。

漢方では、再発を繰り返す場合と、慢性化した炎症に対して処方されます。

▲ このページの上へ

慢性腎炎に効く漢方 -虚証-

■虚証
・真武湯
風邪、下痢、手足の冷え、動悸、胃内低水、慢性腎炎に効果を現します。
・当帰芍薬散
体質虚弱な女性の貧血、月経不順、更年期障害、動悸に効果を現します。
・防巳黄蓍湯
色白、水太りの人の疲れ、浮腫、発汗、腎炎、ネフローゼ症候群に効果を現します。

▲ このページの上へ

慢性腎炎に効く漢方 -中間証-

■中間証
・猪苓湯
泌尿器の炎症、排尿痛、排尿困難、尿量減少、血尿、残尿感効果を現します。
・柴苓湯
消炎、抗アレルギー作用のある小柴胡湯と、浮腫をとる五苓散を組み合わせたもので、腸炎に効果を現します。
・木防巳湯
みぞおちのつかえ、ぜんそく発作をともなう呼吸困難、口渇、心臓ぜんそく、慢性腎炎、ネフローゼ症候群に効果を現します。
・小柴胡湯
長引く風邪、慢性疾患による食欲不振、倦怠感、せきに効果を現します。

▲ このページの上へ

慢性腎炎に効く漢方 -実証-

■実証
・越婢加朮湯
むくみ、尿が出にくいなどの腎炎の症状がある場合に効果を現します。
・柴胡加竜骨牡蛎湯
動悸、神経症、精神不安、不眠、胸脇苦満に効果を現します。

▲ このページの上へ

慢性腎炎

腎炎とは、血液をろ過する腎臓内の糸球体に起こる炎症のことをいいます。むくみ、血尿、たんぱく尿、高血圧などの症状が長期にわたって持続し。急性腎炎と慢性腎炎に分けられます。

自覚症状があまりなく、尿や血尿から見つかるケースが多くあります。細菌感染から起こる急性腎炎(症状は慢性腎炎と同じ)は治療によって比較的早く治りますが、慢性腎炎は一度かかったらなかなか治りにくい病気です。

漢方では、「水毒」と考えられ、腎機能の改善や免疫調整を中心に処方が行われます。

▲ このページの上へ

痔に効く漢方 -虚証-

■虚証
・補中益気湯
風邪、胃腸の働き、貧血、手足のだるさ、食欲不振、痩せなどに効果を現します。
・当帰建中湯
疲れ、血色不良、痔、脱肛の痛み、出血に効果を現します。
・弓帰膠艾湯
痔出血などの下半身の出血治療に効果を現します。
・紫雲膏
痔核による痛み、肛門裂傷、外傷、やけど、湿疹などに効果を現します。

▲ このページの上へ

痔に効く漢方 -中間証-

■中間証
・乙字湯
便秘にともなう肛門痛、肛門出血、かゆみ、痔に効果を現します。

▲ このページの上へ

痔に効く漢方 -実証-

■実証
・桂枝茯苓丸
頻尿、多尿、のぼせ、下腹部痛、頭痛、於血(おけつ)などに効果を現します。
・三黄寫心湯
高血圧によって起こるのぼせ、赤ら顔になる人の耳鳴りに効果を現します。
・大黄牡丹皮湯
下腹部痛をともなう便秘、月経不順、月経困難、更年期障害に効果を現します。
・大柴胡湯
便秘がちの高血圧症に用いられ、胸脇苦満、頭痛、肩こり、便秘に効果を現します。

▲ このページの上へ

痔とは、肛門部の病気の総称です。生活習慣病の一つであり、痔核(いぼ痔)、痔ろう(あな痔)、裂肛(切れ痔)、脱肛などの種類に分けられます。この中で、もっとも多いのが、「痔核」となります。

痔核や裂肛は、初期のうちは軟膏などで治りますが、進行すると手術が必要になる場合があります。
漢方では、於血(おけつ)の代表的な症状となり、症状に合わせた処方が施されます。

▲ このページの上へ

尿路結石に効く漢方 -虚証-

■虚証
・大建中湯
腸の蠕動(ぜんどう)運動の異常、手足、腹部の冷え、膨満感、腹痛などに効果を現します。
・当帰芍薬散体
質虚弱な女性の貧血、月経不順、更年期障害、動悸に効果を現します。

▲ このページの上へ

尿路結石に効く漢方 -中間証-

■中間証
・桂枝茯苓丸
頻尿、多尿、のぼせ、下腹部痛、頭痛、於血(おけつ)などに効果を現します。
・猪苓湯
泌尿器の炎症、排尿痛、排尿困難、尿量減少、血尿、残尿感効果を現します。
・芍薬甘草湯
腎結石、膀胱結石で筋肉のけいれんにともなう激痛に効果を現します。

▲ このページの上へ

尿路結石に効く漢方 -実証-

■実証
・桃核承気湯
比較的体力のある人の高血圧にともなう症状に効果を現します。
・大黄牡丹皮湯
下腹部痛をともなう便秘、月経不順、月経困難、更年期障害に効果を現します。
・竜胆寫肝湯
泌尿器の炎症全般に効果を現します。

▲ このページの上へ

尿路結石

尿路結石とは、尿中のカルシウム、尿酸、マグネシウムなどが腎臓で結石となり、尿管や膀胱などにつまって激痛を起こす病気です。痛みは脂汗をかくほど激しく、尿はにごり、血尿になることがほとんどであり、結石ができた場所によって、腎杯結石や腎盂結石、尿管結石、膀胱結石、尿道結石などと呼ばれています。

漢方では、尿に石ができりことを「石淋」「砂淋」と呼んでおり、結石が小さいうちに排出されたり、痛みを鎮めるための処方が行われます。

▲ このページの上へ

前立腺肥大に効く漢方 -虚証-

■虚証
・八味地黄丸
糖尿病、動脈硬化、高血圧、低血圧、疲労、冷え、しびれ、浮腫、尿量減少などに効果を現します。
・牛車腎気丸
体質虚弱、高齢者の頻尿、手足の冷え・痛み、排尿障害、精力減退、腰痛に効果を現します。
・六味丸
高血圧症、動脈硬化、自律神経失調症、腰から足への脱力感、足のしびれ、排尿障害、疲労に効果を現します。
・清心蓮子飲
泌尿器の慢性疾患からくる残尿感、頻尿、冷え、倦怠感、口渇などに効果を現します。

▲ このページの上へ

前立腺肥大症に効く漢方 -中間証-

■中間証
・桂枝茯苓丸
頻尿、多尿、のぼせ、下腹部痛、頭痛、於血(おけつ)などに効果を現します。
・竜胆寫肝湯
泌尿器の炎症全般に効果を現します。
・猪苓湯合四物湯
前立腺肥大、尿道炎、膀胱炎、残尿感、排尿困難、尿量減少に効果を現します。
・猪苓湯
泌尿器の炎症、排尿痛、排尿困難、尿量減少、血尿、残尿感効果を現します。

▲ このページの上へ

前立腺肥大症に効く漢方 -実証-

■実証
・桃核承気湯
比較的体力のある人の高血圧にともなう症状に効果を現します。
・大黄牡丹皮湯
下腹部痛をともなう便秘、月経不順、月経困難、更年期障害に効果を現します。

▲ このページの上へ

前立腺肥大症

前立腺は男性の膀胱の出口に位置し、尿道を取り囲むように存在する、精液の成分になる液体を産生する働きのある器官であり、この部位が肥大することによって排尿の異常がみられたりする病気を、前立腺肥大といいます。
原因は加齢です。漢方では生命力・精気の低下とみなされ、腎虚に効果がある処方が施されます。

▲ このページの上へ

勃起障害(ED)に効く漢方 -虚証-

■虚証
・桂枝加竜骨牡蛎湯
動悸、息切れ、疲れ、不安、イライラ、不眠、臍の周辺の動悸に効果を現します。
・八味地黄丸
糖尿病、動脈硬化、高血圧、低血圧、疲労、冷え、しびれ、浮腫、尿量減少などに効果を現します。
・六味丸
高血圧症、動脈硬化、自律神経失調症、腰から足への脱力感、足のしびれ、排尿障害、疲労に効果を現します。
・補中益気湯
風邪、胃腸の働き、貧血、手足のだるさ、食欲不振、痩せなどに効果を現します。
・牛車腎気丸
体質虚弱、高齢者の頻尿、手足の冷え・痛み、排尿障害、精力減退、腰痛に効果を現します。

▲ このページの上へ

勃起障害(ED)に効く漢方 -中間証-

■中間証
・四逆散
比較的体力のある人の、腹痛、下痢、胸脇苦満、手足の冷えに効果を現します。

▲ このページの上へ

勃起障害(ED)に効く漢方 -実証-

■実証
・柴胡加竜骨牡蛎湯
動悸、神経症、精神不安、不眠、胸脇苦満に効果を現します。
・大柴胡湯
便秘がちの高血圧症に用いられ、胸脇苦満、頭痛、肩こり、便秘に効果を現します。

▲ このページの上へ

勃起障害(ED)

勃起障害(ED-Erectile Dysfunction-)とは、勃起障害または勃起不全のことをいい、性行為をするときに必要十分な陰茎の勃起が得ることができず、満足な性交が行えない状態をいい、性欲があるのに勃起しないという症状であります。

EDには、機能的障害(女性に対する恐れ、性交への不安など)、器質的障害(陰茎や神経の損傷、血行障害、腎不全など)、両方が複合している場合の3タイプにわけられます。

漢方では、腎機能を改善する処方で精力回復を目指します。

▲ このページの上へ

慢性膵炎に効く漢方 -虚証-

■虚証
・安中散
痩せ型の人の慢性胃炎、胃下垂、神経性胃炎、みぞおちの痛み、胸やけ、冷え、食欲不振、胃内低水などに効果を現します。
・六君子湯
食欲不振、疲労感、貧血、冷えに効果を現します。
・加味帰脾湯
血色不良、不眠、貧血、神経症などに効果を現します。

▲ このページの上へ

慢性膵炎に効く漢方 -中間証-

■中間証
・半夏寫心湯
食欲不振、みぞおちのつかえ、吐き気、軽い腹痛に効果を現します。
・柴胡桂枝湯
インフルエンザ、風邪、胃腸炎、胸のつかえ、発汗に効果を現します。
・小柴胡湯
長引く風邪、慢性疾患による食欲不振、倦怠感、せきに効果を現します。
・四逆散
腹痛、下痢、胸脇苦満、手足の冷え、胆嚢炎、胆石に効果を現します。

▲ このページの上へ

慢性膵炎に効く漢方 -実証-

■実証
・黄連湯
急性胃炎、消化不良、胃酸過多、食欲不振、上腹部痛などに効果を現します。
・大柴胡湯
便秘がちの高血圧症に用いられ、胸脇苦満、頭痛、肩こり、便秘に効果を現します。

▲ このページの上へ

慢性膵炎

慢性膵炎とは、お酒の飲みすぎと胆石が原因で起こるもので、膵臓の組織が低下し固くなり、その働きが低下する病気です。上腹部痛があり、鈍痛が続く場合の持続性と、突発的に激痛が走る反復性とがあります。
急性膵炎とは、膵炎の分泌に歯止めがきかなくなり、膵液中の消化酵素が膵臓自身を消化するため、激痛が走ります。これを繰り返していくうち、慢性膵炎となっていきます。

慢性膵炎の場合、食生活の是正が必要となります。

▲ このページの上へ

食欲不振に効く漢方 -虚証-

■虚証
・人参養栄湯
慢性疾患、体力改善、免疫力増強に効果を現します。
・補中益気湯
風邪、胃腸の働き、貧血、手足のだるさ、食欲不振、痩せなどに効果を現します。
・十全大補湯
体力回復、免疫力回復に効果を現します。
・六君子湯
食欲不振、疲労感、貧血、冷えに効果を現します。
・清暑益気湯
暑気あたりによる食欲不振に効果を現します。

▲ このページの上へ

食欲不振に効く漢方 -中間証-

■中間証
・五苓散
急性胃腸炎によるのどの渇き、吐き気、尿量減少、嘔吐、腹痛、下痢、頭痛、水滞などに効果を現します。
・平胃散
胃下垂、胃アトニー、胃腸炎、消化不良などに効果を現します。
・半夏寫心湯
食欲不振、みぞおちのつかえ、吐き気、軽い腹痛に効果を現します。
・小柴胡湯
長引く風邪、慢性疾患による食欲不振、倦怠感、せきに効果を現します。

▲ このページの上へ

食欲不振

食欲不振の症状としては、食欲がなく、食べられない、無理に食べると気持ち悪くなる…といったものがあげられます。原因は、消化器の病気、強い不安やストレス、うつなどの精神状態、極端なダイエットから引き起こされます。

漢方では、「脾胃の虚」によって食欲が落ちると考えられ、エネルギーを補う治療が施されます。

▲ このページの上へ

胸やけに効く漢方 -虚証-

■虚証
・六君子湯
食欲不振、疲労感、貧血、冷えに効果を現します。
・安中散
痩せ型の人の慢性胃炎、胃下垂、神経性胃炎、みぞおちの痛み、胸やけ、冷え、食欲不振、胃内低水などに効果を現します。

▲ このページの上へ

胸やけに効く漢方 -中間証-

■中間証
・茯苓飲
胃下垂、胃アトニー、胃腸炎、胃のつかえ、胸やけ、膨満感、吐き気、げっぷなどに効果を現します。
・半夏厚朴湯
のどのつかえ感、吐き気、嘔吐、胃内低水、白衣性高血圧の人に効果を現します。(※白衣性とは、病院で血圧を測定するときに緊張して数値が高くなるものです)
・半夏寫心湯
食欲不振、みぞおちのつかえ、吐き気、軽い腹痛に効果を現します。
・柴胡桂枝湯
インフルエンザ、風邪、胃腸炎、胸のつかえ、発汗に効果を現します。
・黄連湯
急性胃炎、消化不良、胃酸過多、食欲不振、上腹部痛などに効果を現します。

▲ このページの上へ

胸やけに効く漢方 -実証-

■実証
・黄連解毒湯
動悸、胸の苦しさ、めまい、胃炎などの症状に効果を現します。

▲ このページの上へ

胸やけ

胸やけとは、胃液が逆流して食道の粘膜が刺激されたときに胸の奥の方が焼けるような独特の不快感が生じる状態のことです。原因としては、逆流動性食道炎、食道潰瘍、胃食道逆流症などがあげられます。
胃酸分泌を押さえ、食道粘膜を保護する薬の服用が西洋医学の治療となり、漢方では、消化管全体の働きを整える処方が行われます。

▲ このページの上へ

急性胃炎・慢性胃炎に効く漢方 -虚証-

■虚証
・安中散
痩せ型の人の慢性胃炎、胃下垂、神経性胃炎、みぞおちの痛み、胸やけ、冷え、食欲不振、胃内低水などに効果を現します。
・啓脾湯
胃炎、消化不良、下痢、血色不良、食欲不振、吐き気、腹痛、胃内低水などに効果を現します。
・四君子湯
慢性胃炎、胃腸虚弱、胃もたれ、血色不良、痩せ、食欲不振、吐き気、嘔吐、胃内低水などに効果を現します。
・半夏白朮天麻湯
低血圧症、胃腸虚弱、足の冷え、めまいなどの緩和に効果を現します。
・小建中湯
神経過敏、疲労、食欲不振、子供の体質改善、ぜんそく発作に効果を現します。
・六君子湯
食欲不振、疲労感、貧血、冷えに効果を現します。
・桂枝人参湯
慢性胃腸炎、神経過敏、疲労、食欲不振などに効果を現します。

▲ このページの上へ

急性胃炎・慢性胃炎に効く漢方 -中間証-

■中間証
・胃苓湯
急・慢性胃炎、食あたり、下痢、嘔吐、口渇、腹痛、浮腫、尿量減少などに効果を現します。
・・半夏寫心湯
食欲不振、みぞおちのつかえ、吐き気、軽い腹痛に効果を現します。
・柴苓湯
消炎、抗アレルギー作用のある小柴胡湯と、浮腫をとる五苓散を組み合わせたもので、腸炎に効果を現します。
・茯苓飲
胃下垂、胃アトニー、胃腸炎、胃のつかえ、胸やけ、膨満感、吐き気、げっぷなどに効果を現します。
・平胃散
胃下垂、胃アトニー、胃腸炎、消化不良などに効果を現します。
・柴胡桂枝湯
インフルエンザ、風邪、胃腸炎、胸のつかえ、発汗に効果を現します。
・五苓散
急性胃腸炎によるのどの渇き、吐き気、尿量減少、嘔吐、腹痛、下痢、頭痛、水滞などに効果を現します。
・黄岑湯
急・慢性胃炎、急性腸炎、消化不良、発熱、腹痛、胃のつかえ感、頭痛、吐き気、嘔吐などに効果を現します。

▲ このページの上へ

急性胃炎・慢性胃炎に効く漢方 -実証-

■実証
・二陳湯
急・慢性胃炎よる吐き気、嘔吐、頭痛、めまいなどに効果を現します。
・茯苓飲合半夏厚朴湯
胃炎、不安症状、のどのつかえ感、胃の膨満感、胸やけ、吐き気などに効果を現します。

▲ このページの上へ

急性胃炎・慢性胃炎

急性胃炎とは、胃炎の一種で、胃粘膜に急性の炎症を呈するものです。2~3日で治ることがほとんどですが、繰り返すと慢性胃炎になってしまいます。慢性胃炎とは、胃の粘膜に長びく異変が生じたものをいいます。
急性胃炎の原因は、暴飲暴食、刺激物の過剰摂取などで、慢性胃炎の原因は、潰瘍や腫瘍、急性胃炎を繰り返し慢性化してしまったものなどがあります。
急性胃炎は早急な治療を必要としますが、漢方治療では慢性胃炎が対症となります。

▲ このページの上へ

便秘に効く漢方 -虚証-

■虚証
・六君子湯
食欲不振、疲労感、貧血、冷え、便秘に効果を現します。
・小建中湯
神経過敏、疲労、食欲不振、子供の体質改善、ぜんそく発作、子供の便秘、下痢に効果を現します。
・補中益気湯
風邪、胃腸の働き、貧血、手足のだるさ、食欲不振、痩せなどに効果を現します。
・潤腸湯
便秘、大腸の蠕動(ぜんどう)運動の異常に効果を現します。
・桂枝加芍薬大黄湯
腹痛、膨満感、しぶり腹などに効果を現します。
・麻子仁丸
体力の低下した人や高齢者の便秘、乾燥した固い便、皮膚の乾燥に効果を現します。

▲ このページの上へ

便秘に効く漢方 -中間証-

■中間証
・加味逍遥散
更年期障害の症状の解消に効果を現します。
・乙字湯
便秘にともなう肛門痛、肛門出血、かゆみ、痔に効果を現します。
・大黄甘草湯
慢性の便秘に効果を現します。

▲ このページの上へ

便秘に効く漢方 -実証-

■実証
・三黄寫心湯
高血圧によって起こるのぼせ、赤ら顔になる人の耳鳴り、便秘、更年期障害に効果を現します。
・桃核承気湯
比較的体力のある人の高血圧にともなう症状に効果を現します。
・防風通聖散
体力のある肥満気味の人の高血圧にともなう症状に効果を現します。
・大柴胡湯
便秘がちの高血圧症に用いられ、胸脇苦満、頭痛、肩こり、便秘に効果を現します。
・大承気湯
腹部の張り、便が固いなどの症状に効果を現します。
・調胃承気湯
腹部の張り、便秘、口渇、子供の食あたりに効果を現します。
・大黄牡丹皮湯
下腹部痛をともなう便秘、月経不順、月経困難、更年期障害に効果を現します。

▲ このページの上へ

便秘

便秘とは、食物が腸内に長時間にとどまり、水分が吸収されて排便がしにくい状態のことをいいます。また、排便しても、残便感が残る場合も、便秘の一種です。
便秘には、器質性便秘と、機能性便秘の2種類があります。簡単にいうと、症候性と常習性です。
漢方治療では、体力と症状の程度にあわせ処方が行われます。

▲ このページの上へ

胃潰瘍・十二指腸潰瘍に効く漢方 -虚証-

■虚証
・小建中湯
神経過敏、疲労、食欲不振、子供の体質改善、ぜんそく発作に効果を現します。
・当帰湯
冷え性、血色不良、胸から背中にかけての痛み、狭心症、心臓神経症に効果を現します。
・六君子湯
食欲不振、疲労感、貧血、冷えに効果を現します。
・安中散
痩せ型の人の慢性胃炎、胃下垂、神経性胃炎、みぞおちの痛み、胸やけ、冷え、食欲不振、胃内低水などに効果を現します。
・帰脾湯
胃潰瘍、下血に効果を現します。

▲ このページの上へ

胃潰瘍・十二指腸潰瘍に効く漢方 -中間証-

■中間証
・半夏寫心湯
食欲不振、みぞおちのつかえ、吐き気、軽い腹痛に効果を現します。
・柴胡桂枝湯
インフルエンザ、風邪、胃腸炎、胸のつかえ、発汗、胃・十二指腸潰瘍に効果を現します。

▲ このページの上へ

胃潰瘍・十二指腸潰瘍に効く漢方 -実証-

■実証
・三黄寫心湯
高血圧によって起こるのぼせ、赤ら顔になる人の耳鳴り、胃のつかえ、便秘、吐血に効果を現します。
・黄連解毒湯
動悸、胸の苦しさ、めまい、吐血、胃炎などの症状に効果を現します。

▲ このページの上へ

胃潰瘍・十二指腸潰瘍

胃潰瘍とは、通常、胃液には、強力な酸が含まており、この胃液から胃壁(粘膜)を守るために胃は粘液を分泌しているところ、胃液と粘液との不均衡が生じ、胃酸によって胃壁がおかされてしまった状態のことです。初めは、粘膜のごく表面がただれる程度ですが、進行すると粘膜に穴があきます。さらに進行すると粘膜の最も下の層からその下の筋層にまで達し、さらに悪化すると、筋層の下の漿膜層に穴があき、ときには穴が胃壁を突き抜けてしまいます。

十二指腸潰瘍もや、胃液と粘液との不均衡が生じて、十二指腸壁がおかされてしまった状態をいいます。

▲ このページの上へ

動悸・息切れに効く漢方 -虚証-

■虚証
・苓桂朮甘湯
血圧異常、自律神経失調症、めまい、立ちくらみ、神経質に効果を現します。
・炙甘草湯
不整脈、動悸、息切れ、貧血、浮腫、疲労感に効果を現します。
・小建中湯神
経過敏、疲労、食欲不振、子供の体質改善、ぜんそく発作に効果を現します。
・加味逍遥散
更年期障害、自律神経失調症に効果を現します。
・桂枝加竜骨牡蛎湯
動悸、息切れ、疲れ、不安、イライラ、不眠、臍の周辺の動悸に効果を現します。

▲ このページの上へ

動悸・息切れに効く漢方 -中間証-

■中間証
・半夏厚朴湯
白衣性高血圧、不安神経症、心臓神経症の人に効果を現します。
(※白衣性とは、病院で血圧を測定するときに緊張して数値が高くなるものです)

▲ このページの上へ

動悸・息切れに効く漢方 -実証-

■実証
・黄連解毒湯
動悸、胸の苦しさ、めまいなどの症状に効果を現します。
・柴胡加竜骨牡蛎湯
動悸、神経症、精神不安、不眠、胸脇苦満に効果を現します。

▲ このページの上へ

動悸・息切れ

動悸とは、普段は自覚しない自分の鼓動を強まったように感じ、不安にかられる症状です。息切れは、ちょっとした運動や、階段の上り下りなどの際に息苦しくなり、冷や汗うあ手足の脱力感、軽い失神を起こすことがある症状です。

不安や緊張以外で、病気により動悸が起こることがあります。また、息切れも同様に、精神面、病気で起こることがあるものです。

漢方では、「気・水」の異常と考えられます。

▲ このページの上へ

胃下垂に効く漢方 -虚証-

■虚証
・補中益気湯
風邪、胃腸の働き、貧血、手足のだるさ、食欲不振、痩せなどに効果を現します。
・六君子湯食
欲不振、疲労感、貧血、冷えに効果を現します。
・真武湯
風邪、下痢、手足の冷え、動悸、胃内低水に効果を現します。
・人参湯
冷え性、食欲不振、貧血に効果を現します。
・大建中湯
腸の蠕動(ぜんどう)運動の異常、手足、腹部の冷え、膨満感、腹痛などに効果を現します。
・半夏白朮天麻湯
低血圧症、胃腸虚弱、足の冷え、めまいなどの緩和に効果を現します。
・附子人参湯
胃アトニー、胃カタル、胃炎、手足の冷え、血色不良、下痢、尿量増加、めまい、胃痛に効果を現します。

▲ このページの上へ

胃下垂に効く漢方 -中間証-

■中間証
・平胃散
胃下垂、胃アトニー、胃腸炎、消化不良などに効果を現します。
・茯苓飲
胃下垂、胃アトニー、胃腸炎、胃のつかえ、胸やけ、膨満感、吐き気、げっぷなどに効果を現します。

▲ このページの上へ

胃下垂

胃下垂とは、胃体部、胃前庭部が骨盤内に下降している状態のことをいいます。食欲不振、胃の圧迫感、吐き気があり、胃アトニーを併発していることがほとんどです。
胃アトニーとは、胃の蠕動運動が低下し、腸に食物をお送りだせなくなってしまう症状です。
検査で、胃の壁の筋力がゆるんで無力化しているため胃の半分位が骨盤よりも下がっているのが確認できることでしょう。

漢方では、胃下垂と胃アトニーを体質によるものと考え、体質改善、全身的な機能の強化がどを目指して治療していきます。

▲ このページの上へ

不整脈に効く漢方 -虚証-

■虚証
・苓甘姜味辛夏仁湯
体質虚弱の人の気管支炎、ぜんそく、喘鳴、激しい咳き込みに効果を現します。
・十全大補湯
体力回復、免疫力回復に効果を現します。
・炙甘草湯
不整脈、動悸、息切れ、貧血、浮腫、疲労感に効果を現します。
・木防巳湯
みぞおちのつかえ、ぜんそく発作をともなう呼吸困難、口渇、心臓ぜんそくに効果を現します。
・人参養栄湯
慢性疾患、体力改善、免疫力増強に効果を現します。

▲ このページの上へ

不整脈に効く漢方 -実証-

■実証
・柴胡加竜骨牡蛎湯
動悸、神経症、精神不安、不眠、胸脇苦満、心臓神経症、高血圧、尿量減少に効果を現します。

▲ このページの上へ

不整脈

心臓は、刺激伝導系と呼ばれる神経線維を電気刺激が通ることで、りズムを作って拍動しており、その刺激伝導系に障害が起きたため不整脈が起こります。
不整脈は、刺激発生の異常と伝導障害によるものがあります。

不整脈には、心配があるものとないものとがあり、心配な人は医師の診断を仰ぎましょう。

漢方では、不整脈は、「気・血」の衰えによって起こるものと解釈し対応されます。

▲ このページの上へ

過敏性腸症候群に効く漢方 -虚証-

■虚証
・小建中湯
神経過敏、疲労、食欲不振、子供の体質改善、ぜんそく発作に効果を現します。
・真武湯
風邪、下痢、手足の冷え、動悸、胃内低水に効果を現します。
・人参湯
冷え性、食欲不振、貧血に効果を現します。
・大建中湯
腸の蠕動(ぜんどう)運動の異常、手足、腹部の冷え、膨満感、腹痛などに効果を現します。
・桂枝加芍薬湯
冷え性、腹痛、膨満感、しぶり腹などに効果を現します。
・桂枝加芍薬大黄湯
腹痛、膨満感、しぶり腹などに効果を現します。

▲ このページの上へ

過敏性腸症候群に効く漢方 -中間証-

■中間証
・半夏寫心湯
食欲不振、みぞおちのつかえ、吐き気、軽い腹痛に効果を現します。
・柴苓湯
消炎、抗アレルギー作用のある小柴胡湯と、浮腫をとる五苓散を組み合わせたもので、腸炎に効果を現します。
・潤腸湯
便秘、大腸の蠕動(ぜんどう)運動の異常に効果を現します。

▲ このページの上へ

過敏性腸症候群に効く漢方 -実証-

■実証
・胃苓湯
食中りなどによる下痢、嘔吐、口渇、腹痛、尿量減少、浮腫に効果を現します。
・四逆散
腹痛、下痢、胸脇苦満、手足の冷えに効果を現します。

▲ このページの上へ

過敏性腸症候群

過敏性腸症候群とは、腹痛と便通異常が慢性に持続し、主として大腸の運動および分泌機能の異常で起こる病気の総称です。この病気は、持続下痢型(慢性的に下痢が続く)、便秘型(慢性的に便秘が続く)、粘液分泌型(便秘に続き激しい下痢をする)、不安定型(便秘下痢を繰り返す)に分けられます。

不安定型、持続下痢型、便秘型は医療薬や漢方薬で改善しますが、粘液分泌型は薬だけの治療は困難です。

▲ このページの上へ

低血圧に効く漢方 -虚証-

■虚証
・八味地黄丸
糖尿病、動脈硬化、高血圧、低血圧、疲労、冷え、しびれ、浮腫、尿量減少などに効果を現します。
・真武湯
風邪、下痢、手足の冷え、動悸、胃内低水に効果を現します。
・当帰芍薬散
体質虚弱な女性の貧血、月経不順、更年期障害、動悸に効果を現します。
・補中益気湯
風邪、胃腸の働き、貧血、手足のだるさ、食欲不振、痩せなどに効果を現します。
・十全大補湯
体力回復、免疫力回復に効果を現します。
・半夏白朮天麻湯
低血圧症、胃腸虚弱、足の冷え、めまいなどの緩和に効果を現します。
・苓桂朮甘湯
血圧異常、自律神経失調症、めまい、立ちくらみ、神経質に効果を現します。
・人参湯
冷え性、食欲不振、貧血に効果を現します。
・六君子湯
食欲不振、疲労感、貧血、冷えに効果を現します。

▲ このページの上へ

低血圧

全身動脈圧の低下を低血圧といい、一般に、最大血圧一〇〇ミリ水銀柱以下を指します。低血圧には、本態性低血圧(原因不明)、症候性低血圧(心臓病などによるもの)、起立性低血圧(起立時などに起こるもの)があり、とくに心配するものではありませんが、日常生活に支障をきたす場合は受診しましょう。

低血圧は、虚証で陰証傾向の人に多く見られ、利水薬を使って改善していきます。

▲ このページの上へ

慢性肝炎に効く漢方 -虚証-

■虚証
・補中益気湯
風邪、胃腸の働き、貧血、手足のだるさ、食欲不振、痩せなどに効果を現します。
・柴胡桂枝乾姜湯
やせ、血色不良、動悸、息切れ、貧血、疲労、冷え性、神経過敏、不眠、寝汗などの症状に効果を現します。
・十全大補湯
体力回復、免疫力回復に効果を現します。
・人参養栄湯
慢性疾患、体力改善、免疫力増強に効果を現します。

▲ このページの上へ

慢性肝炎に効く漢方 -中間証-

■中間証
・小柴胡湯
長引く風邪、慢性疾患による食欲不振、倦怠感、せき、肝機能障害の改善に効果を現します。
・半夏寫心湯
食欲不振、みぞおちのつかえ、吐き気、軽い腹痛に効果を現します。
・茵陳五苓散
じんましん、浮腫、二日酔い、肝炎などで口が渇く症状に効果を現します。
・茵陳蒿湯
肝炎、肝硬変、ネフローゼ、じんましんに効果を現します。
・柴胡桂枝湯
インフルエンザ、風邪、胃腸炎、胸のつかえ、発汗、肝機能障害に効果を現します。
・桂枝茯苓丸
於血(おけつ)のある人、顔色の悪い人に用いられます。

▲ このページの上へ

慢性肝炎に効く漢方 -実証-

■実証
・大柴胡湯
便秘がちの高血圧症に用いられ、胸脇苦満、頭痛、肩こり、便秘、肝機能障害、胆石、黄疸に効果を現します。

▲ このページの上へ

慢性肝炎

慢性肝炎の定義としては、「6ヶ月以上にわたり持続する肝臓の炎症」とされています。C型、あるいはB型肝炎ウイルスにより起こり、経過中自覚症状の出現や肝機能検査の増悪を反復することが多く、慢性肝炎から肝硬変への進展が見られます。

慢性肝炎になるのは、急性肝炎になった人と、キャリアになった人の一部です。

漢方には、肝機能障害という概念はありません。この場合重視されるのは「胸脇苦満」で、症状の程度を体力などをみて、処方が決められます。

▲ このページの上へ

動脈硬化に効く漢方 -虚証-

■虚証
・八味地黄丸
糖尿病、動脈硬化、高血圧、低血圧、疲労、冷え、しびれ、浮腫、尿量減少などに効果を現します。
・当帰芍薬散
体質虚弱な女性の貧血、月経不順、更年期障害、動悸に効果を現します。

▲ このページの上へ

動脈硬化に効く漢方 -中間証-

■中間証
・釣藤散
慢性的な頭痛、耳鳴り、イライラ、不眠、神経質、のぼせに効果を現します。

▲ このページの上へ

動脈硬化に効く漢方 -実証-

■実証
・三黄寫心湯
高血圧によって起こるのぼせ、赤ら顔になる人の耳鳴りに効果を現します。
・大柴胡湯
便秘がちの高血圧症に用いられ、胸脇苦満、頭痛、肩こり、便秘に効果を現します。
・黄連解毒湯
動悸、胸の苦しさ、めまいなどの症状に効果を現します。
・柴胡加竜骨牡蛎湯
動悸、神経症、精神不安、不眠、胸脇苦満に効果を現します。
・防風通聖散
体力のある肥満気味の人の高血圧にともなう症状に効果を現します。
・桃核承気湯
比較的体力のある人の高血圧にともなう症状に効果を現します。

▲ このページの上へ

動脈硬化

動脈硬化とは、動脈の層が厚くなったり、硬くなったりして弾力性や柔軟性を失なった状態のことをいいます。動脈硬化は自覚症状がないまま進行し、心臓病や脳血管障害などいろいろな病気を起こす要因となる病気です。

漢方には、動脈硬化そのものを治療する処方はありませんが、症状を於血(おけつ)や、体液の滞りによるものととらえ、血や体液の循環を改善する処方がされます。

▲ このページの上へ

気管支ぜんそくに効く漢方 -虚証-

■虚証
・麻黄附子細辛湯
気管支炎、風邪、鼻水、めまい、頭痛、手足の冷え、倦怠感に効果を現します。
・清肺湯
激しいせき、長引く風邪、痰のからみ、のどの痛み、息切れに効果を現します。
・補中益気湯
風邪、胃腸の働き、貧血、手足のだるさ、食欲不振、痩せなどに効果を現します。
・桂枝加厚朴杏仁湯
体質虚弱の人のぜんそく、せき、気管支炎、喘鳴に効果を現します。
・・柴胡桂枝乾姜湯
やせ、血色不良、動悸、息切れ、貧血、疲労、冷え性、神経過敏、不眠、寝汗などの症状に効果を現します。
・慈陰至宝湯
体質虚弱な人の慢性的なせき、痰に効果を現します。
・小建中湯
神経過敏、疲労、食欲不振、子供の体質改善、ぜんそく発作に効果を現します。
・苓甘姜味辛夏仁湯
体質虚弱の人の気管支炎、ぜんそく、喘鳴、激しい咳き込みに効果を現します。

▲ このページの上へ

気管支ぜんそくに効く漢方 -中間証-

■中間証
・柴朴湯
気管支炎、風邪、ぜんそく、食欲不振、倦怠感、せきに効果を現します。
・柴陥湯
激しいせき、せきにともなう胸の痛み、胸脇苦満、痰の切れ、ぜんそくの発作予防に効果を現します。
・小青竜湯
気管支ぜんそく、小児ぜんそく、アレルギー性の痰や鼻水、くしゃみ、激しいせき、喘鳴などに効果を現します。
・麦門冬湯
発作性の激しいせき、粘り気のある痰、のどの刺激感に効果を現します。
・小柴胡湯
長引く風邪、慢性疾患による食欲不振、倦怠感、せきに効果を現します。

▲ このページの上へ

気管支ぜんそくに効く漢方 -実証-

■実証
・麻杏甘石湯
ぜんそく気味の強いせき、喘鳴、呼吸困難などの症状に効果を現します。
・木防巳湯
みぞおちのつかえ、ぜんそく発作をともなう呼吸困難、口渇、心臓ぜんそくに効果を現します。
・神秘湯
慢性の気管支炎、ぜんそく、咳き込んだときの呼吸困難に効果を現します。

▲ このページの上へ

気管支ぜんそく

気管支ぜんそくは、アレルギーによって、気管や気管支が収縮し、空気の通りが悪くなって起こります。

気管支ぜんそくの発作は、夜間から明け方が最も起こりやすく、発作的に起きる呼吸困難のため、ゼーゼー、ヒューヒューと喘鳴が聞こえ、呼吸が長くなるのが特徴となります。
呼吸困難時は、酸素吸入が必要となり、ひどい場合は、死に至ることがある病気です。

漢方薬は、免疫機能を高めるためと、体質改善のための処方が中心となって行われます。

▲ このページの上へ

高血圧に効く漢方 -虚証-

■虚証
・半夏厚朴湯
白衣性高血圧の人に効果を現します。
(※白衣性とは、病院で血圧を測定するときに緊張して数値が高くなるものです)
・八味地黄丸
疲労、倦怠、手足の冷え、ほてりに効果を現します。

▲ このページの上へ

高血圧に効く漢方 -中間証-

■中間証
・七物降下湯
頭痛、耳鳴り、肩こり、のぼせに効果を現します。
・釣藤散
肩こり、のぼせ、耳鳴り、不眠に効果を現します。

▲ このページの上へ

高血圧に効く漢方 -実証-

■実証
・大柴胡湯去大黄
便秘はない高血圧症に用いられ、胸脇苦満、耳鳴り、肩こりに効果を現します。
・柴胡加竜骨牡蛎湯
高血圧、動脈硬化、不安、イライラ、不眠、動悸などに効果を現します。
・三黄寫心湯
高血圧にともなって起こる、頭痛、耳鳴り、不眠などの症状、便秘に効果を現します。
・大柴胡湯
便秘がちの高血圧症に用いられ、胸脇苦満、頭痛、肩こり、便秘に効果を現します。
・黄連解毒湯
眼の充血、のぼせ、イライラ、不眠の解消に効果を現します。

▲ このページの上へ

高血圧

高血圧とは、血圧が持続的に異常に高くなっている状態のことをいいます。高血圧が進行すると、手足のしびれ、浮腫、動悸、息切れなどの症状が現れることがありますが、ほとんどの人は自覚症状が現れるのが、脳梗塞や心筋梗塞などの病気を発病してから気づきます。

高血圧をほっておくと、動脈硬化を進行させ、血管をもろくしたり、詰まらせたりし命の危険性が出てきます。
漢方薬には、血圧を早急に下げることができるものはありません。したがって、漢方薬の処方の目的は、高血圧症の変動にともなうさまざまな症状を改善することなります。

▲ このページの上へ

かぜ症候群・気管支炎に効く漢方 -虚証-

■虚証
・香蘇散
初期の風邪、胃腸虚弱、神経質、不眠、腹痛、吐き気に効果を現します。
・麻黄附子細辛湯
気管支炎、風邪、鼻水、めまい、頭痛、手足の冷え、倦怠感に効果を現します。
・桂枝湯
初期の風邪、頭痛、微熱、寒気、関節痛に効果を現します。
・桔梗湯
風邪から生じる喉の腫れ、痛み、粘り気のある痰に効果を現します。
・参蘇飲
上気道炎に効果を現します。
・真武湯
風邪、下痢、手足の冷え、動悸、胃内低水に効果を現します。
・補中益気湯
風邪、胃腸の働き、貧血、手足のだるさ、食欲不振、痩せなどに効果を現します。
・桂枝葛根湯
風邪、神経痛、発汗、肩のコリに効果を現します。

▲ このページの上へ

かぜ症候群・気管支炎に効く漢方 -中間証-

■中間証
・柴胡桂枝湯
インフルエンザ、風邪、胃腸炎、胸のつかえ、発汗に効果を現します。
・小柴胡湯
長引く風邪、肝臓、腎臓、呼吸器系の慢性疾患に効果を現します。
・柴朴湯
気管支炎、風邪、ぜんそく、食欲不振、倦怠感、せきに効果を現します。

▲ このページの上へ

かぜ症候群・気管支炎に効く漢方 -実証-

■実証
・麻黄湯
初期の風邪、気管支炎に効果を現します。
・葛根湯
風邪症候群、扁桃炎、蓄膿症、結膜炎、頭痛、首や肩のこりに効果を現します。
・麻杏甘石湯
喘息気味の強いせき、喘鳴、呼吸困難に効果を現します。

▲ このページの上へ

かぜ症候群・気管支炎

かぜ症候群・気管支炎は、咽頭、鼻腔、喉頭、気管、気管支、肺までの呼吸器の感染によって起こる病気です。感染すると、寒気、発熱、くしゃみ、のどの痛み、せき、痰、倦怠感、頭痛などの症状が現れます。感染初期の対応が重要であり、こじらせると肺炎になり可能性が出てきます。

原因としては、かぜウイルス、連鎖球菌などの細菌感染が主です。
細菌性の場合は抗生物質が効きますが、ウイルス性のものは特効薬がないので、対症治療が施されます。

▲ このページの上へ

のど・口の渇きに効く漢方 -虚証-

■虚証
・八味地黄丸
糖尿病、高血圧、前立腺肥大などがり、尿量が減少しているときの喉の渇き、口渇に効果を現します。
・柴胡桂枝乾姜湯
更年期障害、神経症、風邪などが原因で起こる喉の渇き、口渇に効果を現します。

▲ このページの上へ

のど・口の渇きに効く漢方 -中間証-

■中間証
・木防巳湯
心不全症状のある、口やのどの渇きに効果を現します。
・四苓湯
のどが渇きよく水を飲むのわりには、尿量が減少している症状に効果を現します。
・茵陳五苓散
じんましん、浮腫、二日酔い、肝炎などで口が渇く症状に効果を現します。

▲ このページの上へ

のど・口の渇きに効く漢方 -実証-

■実証
・茵陳蒿湯
肝炎、肝硬変、ネフローゼ、じんましんに効果を現します。
・白虎加人参湯
のどがよく渇き、発熱をともなう病気に効果を現します。

▲ このページの上へ

のど・口の渇き

運動したり、炎天下の下にいたり、強い緊張があるときは、のどや口が渇きますが、これ以外にしきりにのどが渇いたり、頻尿だったりした場合は、糖尿病や脱水症状のために起こっている可能性があります。
また、服用中の薬やアルコールの影響がありますが、口や喉が渇く病気や条件などがあるため、正確な検査が必要となることが少なくありませんので、軽く考えないようにしましょう。

▲ このページの上へ

心不全(軽症)に効く漢方 -虚証-

■虚証
・柴胡桂枝乾姜湯
やせ、血色不良、動悸、息切れ、貧血、疲労、冷え性、神経過敏、不眠、寝汗などの症状に効果を現します。
・当帰湯
冷え性、血色不良、胸から背中にかけての痛み、狭心症、心臓神経症に効果を現します。
・炙甘草湯
不整脈、動悸、息切れ、貧血、浮腫、疲労感に効果を現します。

▲ このページの上へ

心不全(軽症)に効く漢方 -中間証-

■中間証
・柴朴湯
動悸、めまい、胸脇苦満の症状に効果を現します。

▲ このページの上へ

心不全(軽症)に効く漢方 -実証-

■実証
・柴胡加竜骨牡蛎湯
動悸、神経症、精神不安、不眠、胸脇苦満に効果を現します。
・木防巳湯
動悸、息切れ、みぞおちのつかえ、呼吸困難、口渇、浮腫、尿量減少に効果を現します。
・三黄寫心湯
高血圧にともなうのぼせ、肩こりなどの諸症状の緩和に効果を現します。
・黄連解毒湯
動悸、胸の苦しさ、めまいなどの症状に効果を現します。

▲ このページの上へ

心不全(軽症)

心不全とは、心臓から全身へ血液を送り出す機能が低下してしまう状態のことをいいます。急性心不全は、急性心筋梗塞などによって起こる場合が多く、慢性心不全(うっ血性心不全)とは、高血圧症や心臓弁膜症などによって徐々に起こってくるものをいいます。

左心室に起こる心不全は、肺にうっ血が生じ、呼吸困難がおき、血圧が低下しショック状態に陥ると命に関わってきます。また、右心室に起こる心不全では、全身から心臓に戻る静脈にうっ血が生じるため、足がむくみ、肝臓が腫れたり、腹水がたまったりしてしまいます。

▲ このページの上へ

耳鳴りに効く漢方 -虚証-

■虚証
・八味地黄丸
糖尿病、動脈硬化、高血圧、低血圧、疲労、冷え、しびれ、浮腫、尿量減少などに効果を現します。
・六味丸
高血圧症、動脈硬化、自律神経失調症、腰から足への脱力感、足のしびれ、排尿障害、疲労に効果を現します。

▲ このページの上へ

耳鳴りに効く漢方 -中間証-

■中間証
・加味逍遥散
更年期障害の症状の解消に効果を現します。
・釣藤散
慢性的な頭痛、耳鳴り、イライラ、不眠、神経質、のぼせに効果を現します。
・七物降下湯
高血圧にともなう耳鳴り、下半身の冷え、血色不良に効果を現します。

▲ このページの上へ

耳鳴りに効く漢方 -実証-

■実証
・女神散
のぼせ、頭痛、めまい、動悸、産前産後に効果を現します。
・三黄寫心湯
高血圧によって起こるのぼせ、赤ら顔になる人の耳鳴りに効果を現します。
・通導散
高血圧で耳鳴りがあり、みぞおちの不快感、便秘に効果を現します。

▲ このページの上へ

耳鳴り

耳鳴りは、周囲に音源がないのに音を感じる状態で、音色も音の大きさも人によって異なります。中耳炎、内耳炎、メニエール病、高血圧、低血圧、脳腫瘍、脳血管障害などに見られます。そのほかには、不安や心配事があるときなどにも起こることがあります。

「ザー」 … 低音が聞こえ、熱や痛みがあるときは、外耳炎、内耳炎の可能性がある。
「キーン」 … 金属音が聞こえ、めまい、吐き気、難聴をともなう場合は、メニエール病や、突発性難聴の可能性がある。
「ジー」 … 蝉の鳴き声のような音が聞こえ、頭痛、肩こり、動悸などがある場合は、高血圧、低血圧、貧血などの可能性がある。

▲ このページの上へ

二日酔いに効く漢方 -虚証-

■虚証

・梔子柏皮湯
虚弱者の二日酔い、肝臓の違和感などの改善に有効です。

▲ このページの上へ

二日酔いに効く漢方 -実証-

■実証
・黄連解毒湯
体力に充実している人で、のぼせて頭痛、イライラする場合。その他、消炎、鎮静、抗菌などの作用があります。
・黄連湯
二日酔いのつかえ感、胃痛、食欲不振、下痢などに効用があります。
・三黄瀉心湯
二日酔いの胃痛や頭重に有効です。その他、高血圧症状の改善に用いられます。

▲ このページの上へ

二日酔いに効く漢方 -中間証-

■中間証
・五苓散
二日酔いの諸症状であるのどが渇き、嘔吐、頭痛、胃痛などの軽減に有効です。
・茵蔯五苓散
二日酔いによるむかつき、嘔吐、のどの渇きなどがある場合。
・柴苓湯
二日酔いの諸症状であるのどが渇き、嘔吐、頭痛、胃痛、尿量減少、胸脇苦満などの軽減に有効です。飲酒前の服用は二日酔いの予防もできます。
・半夏瀉心湯
二日酔い、みぞおち附近のつかえ感、胸やけ、吐き気・嘔吐、胃内停水などの場合。

▲ このページの上へ

二日酔い

アルコールが体内でアセトアルデヒドという一種の毒物ができ、血液の中で増加することによって引き起こされます。飲酒した翌日に吐き気、めまい、嘔吐、頭痛などの症状が現れます。

血液内のアルコールは肝臓で処理されていきます。ビール大瓶1本、日本酒1合、ウイスキーダブル1杯のアルコールを処理するのには約3時間かかると言われています。したがって、飲酒後は8時間以上の睡眠をとることが必要です。水分や栄養補充も重要です。


▲ このページの上へ

むくみ -虚証-

■虚証
・六味丸
虚弱者の口渇、疲れやすい、排尿困難によるむくみに有効です。
・牛車腎気丸
疲労脱力感、冷え、むくみをともなうロの渇き、排尿困難などの場合。
・当帰芍薬散
女性の貧血、月経不順、更年期障害のほか、むくみ、倦怠感、めまい、動悸がある場合。
・防已黄耆湯
水太り、汗が多く、むくみやすいの場合。

▲ このページの上へ

むくみ -中間証-

■中間証
・茵蔯五苓散
二日酔い、肝障害などによるむくみやロの渇き、尿利減少、黄疸、便秘がある場合。
・五苓散
むくみ、急性胃腸炎、腎臓病、糖尿病などの病気にのどが渇き、尿利減少がともなう場合。
・柴苓湯
口渇、食欲不振、尿利減少、胸脇苦満をともなうむくみの場合。
・木防已湯
心臓弁膜症、心不全などの症状をともなうむくみや、口渇、尿利減少、動悸、息切れに有効です。

▲ このページの上へ

むくみ -実証-

■実証

・防風通聖散
体力に充実している人のむくみや肥満症、便秘、高血圧症状などの場合。

▲ このページの上へ

むくみ

体の中に血液や細胞から出た水がうまく排泄されず、余分にたまっている状態です。足・顔のむくみ、塩分や水分の摂りすぎによる単純のむくみがありますが、くり返すむくみは腎臓病や肝臓病などの内臓疾患の前触れの可能性もあります。

特発的なむくみ(浮腫)は腎臓病、心臓病、肝臓病、ホルモンの病気などの病気のシグナルかもしれません。このような浮腫は指で押してもすぐには元に戻らず、むくみが強いほど元に戻るのに時間がかかってしまいます。

▲ このページの上へ

肥満に効く漢方 -虚証-

■虚証
・防已黄耆湯
水太り、汗が多く、むくみやすい、倦怠感、関節痛の緩和に有効です。
・九味檳榔湯
動悸、肩こり、倦怠感をともなう便秘に効用があります。
・当帰芍薬散
肥満症による倦怠感、むくみ、動悸などに使われます。

▲ このページの上へ

肥満に効く漢方 -中間証-

■中間証
・桂枝茯苓丸
肥満によるのぼせ、肩こり、頭痛、動悸などに効用があります。
・加味逍遙散
月経不順や更年期障害、肥満、便秘をともなう場合。

▲ このページの上へ

肥満に効く漢方 -実証-

■実証
・大柴胡湯
胸脇苦満、胃のつかえ、便秘、肩こりなどをともなう肥満の人の場合
・大承気湯
体力に充実している時の肥満した人の便秘、のぼせ、ほてりがある場合。
・通導散
便秘、のぼせの改善に有効です。
・桃核承気湯
女性の肥満、頭痛、のぼせ、肩こりがある場合。
・防風通聖散
肥満、便秘、尿利減少、胸やけ、肩こりなどの症状に有効です。

▲ このページの上へ

肥満

食べ過ぎや運動不足のため、体内に標準以上の脂肪がたまり、肥満状態になります。通常、成人男子の体重における脂肪の割合が30%以上になると肥満状態と考えられます。肥満は万病の元とも言われるように、心臓や足腰に負担を増し、血圧が上昇につながります。

糖尿病、高血圧、痛風などの生活習慣病は、肥満の人ほど多く発症しています。生活の乱れや悪い生活習慣は死に至るような危険度の高い病気になる要因です。自覚症状が出にくいため放置される可能性が高いです。運動やバランスのいい食事が重要です。

▲ このページの上へ

夜尿症に効く漢方 -虚証-

■虚証
・桂枝加竜骨牡蛎湯
虚弱児の夜尿症、神経過敏などに用いられます。精神神経病状とともに頭痛、のぼせ、耳鳴り、胸腹部の動悸などがある場合に有効です。
・小建中湯
虚弱児の夜尿症、夜泣き、そして小児の体質改善の目的で用いられることが多いです。
・苓姜朮甘湯
虚弱児の夜尿症、尿漏れ、足の冷え、疲れやすい、頻尿などがある場合。

▲ このページの上へ

夜尿症に効く漢方 -中間証-

■中間証
・柴胡桂枝湯
神経質な子どもの夜尿症防止に効用があります。

▲ このページの上へ

夜尿症に効く漢方 -実証-

■実証
・越婢加朮湯
体力のある子どもの夜尿症に用いられます。その他、ロ渇、発汗過多、尿利減少、湿疹などの症状にも効用があります。
・葛根湯
子どもの夜尿症、頭痛、発熱、寒け、汗が少ないなどの症状に効果的です。
・白虎加人参湯
体力のある子どもの夜尿症予防に効用があります。

▲ このページの上へ

夜尿症

4~5歳を過ぎて、自力でトイレへ行けるようになってからもくり返し就寝中に遺尿を生じる現象です。その原因は夜間の尿量が多い、膀胱容量が小さい、その他、心理的ストレスも挙げられます。親子関係、家庭環境、発育環境などの要因が指摘されています。

睡眠リズムや水分摂取の調整、トイレへ行くトレーニングなどを行ったうえで、自然に治る場合が多いです。心理的ストレスによる場合、その原因を見つけ出し、ストレスを取り除くことが重要です。また膀胱や尿道の異常がある場合、薬物治療を行います。

▲ このページの上へ

白内障に効く漢方 -虚証-

■虚証
・桂枝加竜骨牡蛎湯
体質が虚弱の人の白内障、眼精疲労などに有効です。のぼせ、めまい、耳鳴り、動悸がある場合に使われます。
・当帰芍薬散
虚弱者の白内障に使われ、その他、女性の月経不順、更年期障害、貧血や足腰の冷え、血色不良などがある場合に有効です。
・人参湯
胃腸虚弱者の白内障に使われます。手足の冷え、尿量異常、つかえ感、貧血の場合に効用があります。
・八味地黄丸
八味丸とも言われ、中年以後の人の白内障、高血圧、腎炎などに有効です。下半身の疲労脱力感、足腰の冷え、多尿、尿利減少などがある場合。
・牛車腎気丸
お年寄りのかすみ目や手足の冷え、腰痛、しびれ、尿量の異常、疲労感などがある場合。

▲ このページの上へ

白内障に効く漢方 -中間証-

■中間証
・大柴胡湯
体力に充実している人の白内障に用いられます。その他、高血圧症や食欲不振、胸脇苦満、吐き気・嘔吐などがある場合に使われます。

▲ このページの上へ

白内障

目の中の水晶体が濁ることによって、視力が低下する現象です。加齢に伴う老人性白内障が最も多く、目の外傷や糖尿病、栄養失調による発病もあります。乳児にみられる白内障は先天的なものです。

水晶体が混濁し、白内障が進行している場合、視力を回復するためには白内障手術が必要です。水晶体の濁りを手術で取り除き、人工の水晶体(眼内レンズ)を挿入することによって、視力の回復が期待できます。

▲ このページの上へ

貧血に効く漢方 -虚証-

■虚証
・加味帰脾湯
虚弱者の貧血や再生不良性貧血、その他、不眠症、熱感、食欲不振などがある場合。
・帰脾湯
胃腸虚弱者の貧血や再生不良性貧血に用いられます。その他、不眠症、神経症、息切れ、寝汗、倦怠感、食欲不振などがある場合。
・四君子湯
貧血、胃腸虚弱、顔色が悪い、冷えや食欲不振がある場合。
・十全大補湯
病後、術後、慢性疾患で全身が衰弱した人の貧血、倦怠感、食欲不振、手足の冷え、寝汗などがある場合に有効です。
・当帰芍薬散
女性の貧血、更年期障害、月経不順、疲労感、下腹部痛、肩こりなどがある場合。
・補中益気湯
胃腸虚弱の人の貧血、低血圧症、倦怠感、食欲不振などがある場合。
・六君子湯
胃腸が弱く、疲れやすい人の貧血、つわり、食欲不振、胸腹部のつ
かえ感、手足が冷えやすいなどがある場合。

▲ このページの上へ

貧血

全身の細胞に酸素を運ぶ役割を果たすのは赤血球です。赤血球不足は体内の酸素が足らず、酸素欠乏状態になり、貧血となります。鉄分不足による鉄欠乏性貧血は最も多く、倦怠感、頭痛、動悸、冷感などの症状が見られます。そのほか、再生不良性貧血や溶血性貧血もあります。

女性は月経や妊娠などで鉄分が失い、男性より鉄欠乏性貧血になりやすいです。薬物や食事による鉄分を補充が重要です。再生不良性貧血は骨髄の障害で赤血球生成機能の低下による貧血です。溶血性貧血は肝臓や脾臓の障害によります。それぞれの治療は異なります。


▲ このページの上へ

冷え症に効く漢方 -虚証-

■虚証
・当帰四逆加呉茱萸生姜湯
体質虚弱な女性の冷え症、足や下腹部痛、胃の圧迫感などに使われます。
・大建中湯
虚弱者の腹部や手足の冷えなどに用いられます。
・補中益気湯
胃腸虚弱者の体力回復に使われ、冷え症の改善にも効果的です。
・桂枝加朮附湯
虚弱者の冷え症、頭痛、肩こり、月経不順、貧血に使われます。

▲ このページの上へ

冷え症に効く漢方 -中間証-

■中間証

・五積散
胃腸が虚弱の女性の冷え症、更年期障害、関節・下腹部・足の痛み、疲労感などに効果的です。

・加味逍遙散
女性の冷え症、不眠症、月経不調に有効です。その他、疲れやすく、不安、イライラ、頭痛、肩こり、便秘などにも使われます。

▲ このページの上へ

冷え症に効く漢方 -実証-

■実証
・桃核承気湯
体力に充実している女性の冷え症、月経不調に有効です。頭痛、のぼせ、めまい、便秘などにも効果的です。
・桂枝茯苓丸
女性の更年期障害、足の冷え、下腹部痛、頭痛、イライラなどに使われます。

▲ このページの上へ

冷え症

女性や高齢者に多く見られる症状で、手足の冷えや腰の冷えとともに頭痛、肩こりやイライラなどがともなうことがあります。自律神経の働きが不調により血液の流れが乱れ、血行が悪くなり、特に手足や腰に血液が行き届かず、冷え性が生じます。

冷え症の改善は、血液の循環をよくすることが大切です。体を温めるために、入浴、運動、栄養バランスの良い食事を摂るようにしましょう。自律神経の働きを乱さないためには、規則正しい生活、ストレスをためないことも重要です。

▲ このページの上へ

不妊症に効く漢方 -虚証-

■虚証
・当帰芍薬散
女性の不妊症、冷え症、貧血、浮腫、疲労感、めまい、動悸などがある場合に有効です。
・温経湯
女性の月経不順・月経困難症、ロ渇、足腰や下腹部の冷えと痛み、血色がすぐれない、
頭痛、腰痛、肩こりなどがある場合。
・六君子湯
女性の血色がすぐれない、貧血、胃炎、食欲不振、手足の冷え、つかえ感などがある場合。

▲ このページの上へ

不妊症に効く漢方 -中間証-

■中間証

・桂枝茯苓丸
女性の腹部の瘀血、月経不順、子宮内膜炎、頭痛、足の冷え、のぼせ、肩こり、動悸などがある場合。

・加味逍遙散
体力虚弱の女性の不妊症、月経不順・月経困難症、、神経症、疲労感、イライラ、頭痛などの症状がある場合。

▲ このページの上へ

不妊症に効く漢方 -実証-

■実証
・桃核承気湯
体力のある女性の月経不順、月経困難、便秘、瘀血、頭痛、足腰の冷えなどがある場合。

▲ このページの上へ

不妊症

一般的な性生活を営んでも、なかなか妊娠しないのが不妊症です。それは女性側の原因、男性側の原因、それから両方の原因による場合があります。不妊の原因を突き止め、治療に臨むことが肝要です。

女性側に問題がある場合、排卵障害、子宮内膜炎、卵管炎などの症状が見られ、治療として排卵誘発剤の使用、子宮や卵管の手術があります。男性側に問題がある場合、精子減少あるいは無力症、勃起障害、射精障害などが挙げられます。その場合は薬物療法や体外受精などの方法があります。

▲ このページの上へ

扁桃炎・咽頭炎に効く漢方 -虚証-

■虚証
・小建中湯
虚弱児の体質改善や慢性胃腸炎、そして扁桃炎による各種病状の緩和に効用があります。
・甘草湯
喉の周囲の炎症や痛み、咳に使用されます。
・麻黄附子細辛湯
年寄りや虚弱者の風邪の諸症状(熱、頭痛、せき、体がだるいなど)に有効です。

▲ このページの上へ

扁桃炎・咽頭炎に効く漢方 -中間証-

■中間証
・荊芥連翹湯
喉、鼻、耳、上気道、皮膚などに炎症性疾患や皮膚の色が淺黒く、腹直筋が緊張している、頭痛や耳鳴りなどに効用があります。
・桔梗湯
咽喉部の炎症による痛みや腫れ、発赤があり、嚥下困難が生ずる場合。
・桔梗石膏
熱があるときや、咽喉の炎症、咳などに有効です。小柴胡湯や葛根湯と一緒に処方されることが多いです。

▲ このページの上へ

扁桃炎・咽頭炎に効く漢方 -実証-

■実証
・小柴胡湯加桔梗石膏
扁桃炎、咽頭炎、耳下腺炎、そして、微熱や胸脇苦満、、吐き気などをともなう炎症に効用があります。
・葛根湯
風邪の症状である発熱、頭痛、筋肉のこわばりなどをともなう扁桃炎に効用があります。
・麻黄湯
頭痛、寒け、発熱、腰痛、筋肉痛、汗を出ないなどの風邪初期の症状に使用されます。

▲ このページの上へ

扁桃炎・咽頭炎

扁桃は咽頭周囲のリンパ組織の一つで、病原菌が体内に侵入するのを防御する役割を果たしています。しかし、風邪などの原因で免疫能力が低下すると、扁桃腺や咽頭に炎症がおこり、痛み、つかえ感、そして発熱や関節痛になります。

一般に扁桃炎や咽頭炎の病因は風邪などのウイルスや細菌の感染によります。突発的な急性扁桃炎にはペニシリン系の抗生物質が使用される事が多いが、何度も繰り返すことで慢性扁桃炎や習慣性扁桃炎に移行し、栄養状態の改善や過労しないように注意が必要です。

▲ このページの上へ

アレルギー性鼻炎・花粉症 -虚証-

■虚証
・麻黄附子細辛湯
虚弱者や老人がアレルギー性の症状があり、さらにかぜの症状である微熱、寒け、頭痛、めまい、全身倦怠感などがある場合に用いられます。
・苓甘姜味辛夏仁湯
アレルギー性鼻炎で鼻水が多量の場合、その他、ぜんそくや気管支炎などにも効用があります。

▲ このページの上へ

アレルギー性鼻炎・花粉症 -中間証-

■中間証
・小青竜湯
風邪をひいて、水様の鼻水、痰、くしゃみ、せき、呼吸困難、尿量減少、胃内停水などの症状が見られる場合。
・辛夷清肺湯
鼻閉、鼻水、後鼻漏、のどの渇きや痛みがある場合。

▲ このページの上へ

アレルギー性鼻炎・花粉症 -実証-

■実証
・葛根湯
体力に充実している人で、アレルギー症状に風邪症状、発汗がなく、頭痛、発熱、寒けなどともなう人の場合。
・葛根湯加川芎辛夷
慢性化した鼻アレルギー、急性鼻炎、蓄膿症の場合。
・越婢加朮湯
アレルギー性鼻炎、尿の出が悪い、浮腫や関節炎、関節リウマチ症状に有効です。

▲ このページの上へ

アレルギー性鼻炎・花粉症

アレルギー的素因のある人がアレルゲンふれ発症し、くしゃみの頻発したり、水のような鼻水が出たり、鼻が詰まった感じになります。結膜に炎症を生じ、目の周りが痒くなったり、充血するなどの症状に悩まされます。

鼻の粘膜がアレルゲン(花粉、ハウスダスト、ダニの死骸、ペットの毛など)にアレルギー反応をおこり、その中、花粉によるものは花粉症と呼んでいます。根治は難しいが、アレルゲンを見つけ、それをなるべく避けることともに抗ヒスタミン薬などによる療法があります。

■実証
・葛根湯
体力に充実している人で、アレルギー症状に風邪症状、発汗がなく、頭痛、発熱、寒けなどともなう人の場合。
・葛根湯加川芎辛夷
慢性化した鼻アレルギー、急性鼻炎、蓄膿症の場合。
・越婢加朮湯
アレルギー性鼻炎、尿の出が悪い、浮腫や関節炎、関節リウマチ症状に有効です。
■中間証
・小青竜湯
風邪をひいて、水様の鼻水、痰、くしゃみ、せき、呼吸困難、尿量減少、胃内停水などの症状が見られる場合。
・辛夷清肺湯
鼻閉、鼻水、後鼻漏、のどの渇きや痛みがある場合。
■虚証
・麻黄附子細辛湯
虚弱者や老人がアレルギー性の症状があり、さらにかぜの症状である微熱、寒け、頭痛、めまい、全身倦怠感などがある場合に用いられます。
・苓甘姜味辛夏仁湯
アレルギー性鼻炎で鼻水が多量の場合、その他、ぜんそくや気管支炎などにも効用があります。

▲ このページの上へ

慢性副鼻腔炎(蓄膿症) -虚証-

■虚証
・補中益気湯
胃腸が弱く、疲れやすく、食欲不振や夏やせなどの人に用いられます。

・半夏白朮天麻湯
胃腸が弱い傾向があり、慢性副鼻腔炎によって、頭痛、めまい、吐き気、下肢の冷えを訴える人に有効です。

▲ このページの上へ

慢性副鼻腔炎(蓄膿症) -実証-

■実証
・葛根湯
かぜや鼻炎によって生じた鼻づまり、鼻水、頭痛などの症状に効用があります。
・葛根湯加川芎辛夷
急性副鼻腔炎によって鼻づまり、鼻水、後鼻漏がある場合。

▲ このページの上へ

慢性副鼻腔炎(蓄膿症) -中間証-

■中間証
・荊芥連翹湯
鼻、耳、扁桃、皮膚などの諸炎症性諸疾患に効用があります。
・小柴胡湯
消炎作用や抗アレルギー作用があり、長びくかぜや慢性疾患に有効です。
・辛夷清肺湯
比較的体力がある人で、鼻づまり、蓄膿症、後鼻漏がある場合。

▲ このページの上へ

慢性副鼻腔炎(蓄膿症)

鼻腔の周囲の四つの空洞を副鼻腔といい、ここに膿(うみ)が溜まることで炎症が生じ、急性副鼻腔炎がおこります。急性副鼻腔炎を繰り返しているうちに慢性化し、蓄膿症とも言います。症状としては、鼻づまり、濃い鼻汁がたくさん出たり、頭痛、記憶力、思考力が鈍くなります。

耳鼻咽喉科に行くと、鼻に薬剤を吹きかけられたり、鼻水を吸い出したり、抗生物質などの薬液で処置されます。重度の蓄膿症になり、薬物療法ではどうしても改善しないものは手術の対象になります。粘膜をレーザーで処理したり、内視鏡手術が行われることになります。
■実証
・葛根湯
かぜや鼻炎によって生じた鼻づまり、鼻水、頭痛などの症状に効用があります。
・葛根湯加川芎辛夷
急性副鼻腔炎によって鼻づまり、鼻水、後鼻漏がある場合。

■中間証
・荊芥連翹湯
鼻、耳、扁桃、皮膚などの諸炎症性諸疾患に効用があります。
・小柴胡湯
消炎作用や抗アレルギー作用があり、長びくかぜや慢性疾患に有効です。
・辛夷清肺湯
比較的体力がある人で、鼻づまり、蓄膿症、後鼻漏がある場合。

■虚証
・補中益気湯
胃腸が弱く、疲れやすく、食欲不振や夏やせなどの人に用いられます。
・半夏白朮天麻湯
胃腸が弱い傾向があり、慢性副鼻腔炎によって、頭痛、めまい、吐き気、下肢の冷えを訴える人に有効です。

▲ このページの上へ

中耳炎に効く漢方 -虚証-

■虚証
・柴胡桂枝乾姜湯
体質が虚弱の人のかぜ、気管支炎、神経症、更年期障害、そして、顔色不良、冷え、貧血などを伴う神経症状がみられる場合。
・黄耆建中湯
慢性中耳炎や病後の体力回復に有効です。

▲ このページの上へ

中耳炎に効く漢方 -中間証-

■中間証
・小柴胡湯
胸脇苦満があり、長びくかぜ、胃炎、肝炎、気管支炎、発熱、吐き気、腹痛、便秘、肩こりなどの各種慢性疾患に使用されます。
・柴苓湯
小柴胡湯と五苓散が合したものが、中耳の炎症を抑え、浸出性中耳炎に有効です。
・柴胡桂枝湯
かぜ、インフルエンザ、炎症や痛み、そして、胸のつかえ、胃痛、腹痛がある場合。
・参蘇飲
体力低下の人のかぜや上気道炎に有効です。風邪の徴候の微熱、軽い頭痛、せき、寒け、痰、胃のつかえに効きます。

▲ このページの上へ

中耳炎に効く漢方 -実証-

■実証
・防風通聖散
体力に充実している人で、高血圧、肥満症、肩こり、便秘がち、尿量減少などの場合。
・大柴胡湯
一般に胸脇苦満が強く、高血圧症状、動脈硬化、肝機能障害などの人に用いられます。

▲ このページの上へ

中耳炎

急性、慢性、滲出性中耳炎などの種類が見られ、中耳から上咽頭までの部分が細菌感染により、中耳が炎症を起きます。急性中耳炎を完治しないで放置すると、慢性中耳炎に発展し、炎症が長く続きます。子供によく見られるのは滲出性中耳炎で、痛みはないが中耳に粘液がたまり聴力が落ちることがあります。

急性中耳炎を放置せずに、早めに抗生物質や抗炎症薬による治療を行います。長引く慢性中耳炎の治療には中耳にたまった濃を取り除く処置があります。


▲ このページの上へ

眼精疲労に効く漢方 -虚証-

■虚証
・牛車腎気丸
年寄りのかすみ目、そのほか、糖尿病性の神経障害、疲労感、腰痛、足の痛み、尿量の異常、ロ渇、しびれなどの場合
・補中益気湯
目の疲労の予防や回復の他、疲れやすい、消化機能の衰え、風邪や結核の防止、体力増強などにも有効です。
・八味地黄丸
中高年の眼精疲労の回復に有効です。倦怠感、腰部や足の脱力感、冷え症、しびれ、排尿障害、高血圧などの場合
・苓桂朮甘湯
ストレスのよる神経質、ノイローゼ、息切れ、頭痛、めまいなどの症状に有効です。
・六味丸
体力低下による目の疲れの回復に有効です。脱力感、しびれ、むくみ、排尿困難、頻尿などにも効果的です。

▲ このページの上へ

眼精疲労に効く漢方 -中間証-

■中間証

・釣藤散
中高年の慢性頭痛を伴う充血の場合。その他、神経症、肩こりやめまいにも効きます。

・麦門冬湯
病後など体力虚弱の時に現れる各病状に有効です。体力回復及び増強は目の健康につながります。

▲ このページの上へ

眼精疲労

 目を持続的に使ったとき、目が疲れる、かすむ、重い、充血、まぶしい、頭が痛くなる、吐き気や肩こり、といった状態をいいます。ほかに遠視、乱視、結膜炎などの目の病気や悪い照明、ストレスなども疲労の原因です。

目を休めることで疲労を弱めることができます。なかなか疲れが取れない場合には、ビタミンや鎮痛薬を含む目薬を使用しましょう。眼科疾患は眼鏡やコンタクトレンズで調整する方法や手術、薬用目薬で治療する方法があります。

▲ このページの上へ

めまいに効く漢方 -虚証-

■虚証
・当帰芍薬散
冷え症、月経不順や更年期障害、貧血がある人に有効です。
・真武湯
めまい、手足の冷え、下痢の場合
・半夏白朮天麻湯
冷え症、めまいや頭重感、頭痛、手足のだるさがある場合
・苓桂朮甘湯
めまい、動悸、のぼせ、頭痛、尿量減少に有効です。

▲ このページの上へ

めまいに効く漢方 -中間証-

■中間証
・五苓散
めまい、頭痛、吐き気、むくみ、ロ渇、下痢の場合
・半夏厚朴湯 
めまい、吐き気、動悸や不安神経症、せき、不眠症の場合
・桂枝茯苓丸
更年期障害、月経不順、冷え症、子宮の病気の場合
・加味逍遙散
更年期障害、疲労感、肩こりの場合

▲ このページの上へ

めまいに効く漢方 -実証-

■実証

・通導散
体力に充実している人で、高血圧を伴うめまいや便秘、月経痛・月経不順、更年期障害などの場合

・女神散
のぼせ、頭痛、月経不順、産前産後の神経症などの場合

▲ このページの上へ

めまい

病因によって異なる症状が現れます。体が宇に浮くように感じたり、回りが回転するように見えたりする真性めまいがあります。立ちくらみは貧血症や低血圧、低血糖の人によくみられます。低血圧、低血糖の人が座っているときや歩行中に突然発症しやすいのは仮性めまいです。

真性めまいは、メニエール病などの内耳疾患のある人に見られ症状で、耳鼻科で平衡機能などを調べた上、治療に入ります。立ちくらみや仮性めまいは貧血や低血圧、低血糖の人に見られ、血液循環不足や脳神経の病気などによる場合もあります。

■実証
・通導散
体力に充実している人で、高血圧を伴うめまいや便秘、月経痛・月経不順、更年期障害などの場合
・女神散
のぼせ、頭痛、月経不順、産前産後の神経症などの場合

■中間証
・五苓散
めまい、頭痛、吐き気、むくみ、ロ渇、下痢の場合
・半夏厚朴湯 
めまい、吐き気、動悸や不安神経症、せき、不眠症の場合
・桂枝茯苓丸
更年期障害、月経不順、冷え症、子宮の病気の場合
・加味逍遙散
更年期障害、疲労感、肩こりの場合

■虚証
・当帰芍薬散
冷え症、月経不順や更年期障害、貧血がある人に有効です。
・真武湯
めまい、手足の冷え、下痢の場合
・半夏白朮天麻湯
冷え症、めまいや頭重感、頭痛、手足のだるさがある場合
・苓桂朮甘湯
めまい、動悸、のぼせ、頭痛、尿量減少に有効です。


▲ このページの上へ

頭痛に効く漢方 -虚証-

■虚証
・加味逍遙散
頭痛・頭重を感じる更年期の女性などが肩こり、便秘などがある場合。
・呉茱萸湯
片頭痛で冷え症や吐き気を伴う、あまり体力のない人の場合。
・半夏白朮天麻湯
緊張型頭痛の人で、胃腸が弱く、足の冷えがある場合。

▲ このページの上へ

頭痛に効く漢方 -中間証-

■中間証
・五苓散
頭痛に伴う吐き気、口の渇き、尿量減少、むくみなど。
・桂枝茯苓丸
頭痛に伴うのぼせ、肩こり、下腹部痛、手足の冷えなど。
・五積散
疲労感、冷え症などの人の頭痛や慢性の病気に効果的です。
・釣藤散
慢性的な頭痛、高血圧ぎみ、めまいなど。

▲ このページの上へ

頭痛に効く漢方 -実証-

■実証
・葛根湯
緊張型頭痛で、比較的体力がある場合。
・黄連解毒湯
肩こり、のぼせ、イライラなどを伴う頭痛に効果的です。
・葛根加朮附湯
緊張型頭痛で、首から肩にかけてこりがある場合。

▲ このページの上へ

頭痛

一般的に慢性頭痛は多く、その代表は緊張型頭痛と片頭痛です。筋肉のこりが原因の「緊張型頭痛」、頭の血管の過度の拡張が原因となる「片頭痛」や「群発頭痛」があります。

慢性頭痛になる原因は特定しにくいが、抗不安薬や鎮痛薬などで痛みを弱めることができます。このほか、くも膜下出血や脳腫瘍、うつ病、てんかん、髄膜炎などの病気が原因で頭痛になることもあります。

▲ このページの上へ

口内炎・口臭に効く漢方 -虚証-

■虚証
・補中益気湯
  体力が不足し、胃腸の働きが衰え、倦怠感がある人の食欲増進と胃腸機能の向上を促進します。

・六君子湯
  胃腸機能の症状が慢性化している場合に用いられ、食欲増進と倦怠感の回復があります。

・人参湯
  体質虚弱による消化器官の機能低下が原因で、胃部停滞感や下痢が見られる場合。

・四物湯
  皮膚の乾燥や冷え性、貧血、婦人科疾患や月経不順症状のある場合。

▲ このページの上へ

口内炎・口臭に効く漢方 -中間証-

■中間証
・温清飲
  湿疹や皮膚のかゆみ、神経症などがある場合。

▲ このページの上へ

口内炎・口臭に効く漢方 -実証-

■実証
・黄連解毒湯
  発症後もまだ体力がある場合。

・黄連湯
  口臭があり、吐き気や嘔吐、食欲不振の場合。

▲ このページの上へ

口内炎・口臭

口内の健康は唾液の分泌によって保たれています。鼻炎等により口呼吸が続くと、最近やウイルスが繁殖し口内炎を引き起こします。口内炎の程度によっては、食事の際の痛み、舌の荒れ、味覚の減退、口臭などを併発します。

口内炎の原因は一つではなく、消化器官の病気の影響や、義歯によるもの、栄養障害、感染症などもあります。細菌性の場合には抗生物質の投与やうがい、消化器官から来る場合には胃腸機能の回復が有効とされます。

▲ このページの上へ


copyright©漢方辞典 All Rights Reserverd.